法金剛院(ほうこんごういん)(HoukongouIn)


所在地:京都市右京区花園扇野町   地図情報

律宗(りっしゅう) 唐招提寺(とうしょうだいじ)に属する寺院

山号:五位山(ごいさん)

本尊:阿弥陀如来

開基:待賢門院

通称:蓮の寺

京都十三仏第十番霊場

関西花の寺第十三番

 法金剛院(ほうこんごういん)は、妙心寺の南の、古くから名勝の地として知られる双ヶ丘の東麓にある

 蓮(ハス)の寺として知られ、夏には、世界中から集められた多数の蓮(ハス)の花が咲く名所

 6月上旬には、平安時代の池泉回遊式浄土式庭園の池畔に、濃紫・白・薄黄の花菖蒲が咲き誇る
 紫陽花(あじさい)沙羅(さら)などの花の名所でもある


【法金剛院の歴史・経緯】



【法金剛院の伽藍】

 最盛期には、
 五位山を背にして、中央に池が掘られ、池の西に西御堂(にしみどう)(丈六阿弥陀堂)、南に南御堂(九体阿弥陀堂)、
東に待賢門院の御所が建てられ、庭に青女の滝を造り、極楽浄土を表した庭園とされた
 その後、三重塔・東御堂・水閣(すいかく)などが建ち並んでいたといわれる

 <礼堂(本堂)>
 本尊の阿弥陀如来坐像・十一面観音坐像・僧形文殊坐像などが安置されている
 北側には、釣殿が付設する
 参道から礼堂前には、鉢植えの蓮が多数置かれている
 1617年(皇紀2277)元和3年の再建

 <庭園(国の特別名勝
 池泉回遊式浄土庭園
 面積は約2000m2
 平安時代末期
 1133年(皇紀1793)長承2年
 待賢門院が、極楽浄土をあらわす庭園を造園させたもの

 青女の滝(せいじょのたき)
 巨岩が並べられ構成されている
 仁和寺の石立僧 林賢と静意の作といわれる
 平安時代末期の浄土式庭園の遺構で、現存する同時代の滝石組としては最大の規模を誇る
 1968年(皇紀2628)昭和43年に、発掘され復元された
 平安時代の発願者、作者が明確であり、その遺構が残っている大変貴重なもの

 <表門>
 表門の左側には、「文徳天皇御旧跡 律宗別格本山 法金剛院」と彫られた石柱が建つ

 <鐘楼>
 表門をくぐってすぐ左に建つ

 <仏殿>
 礼堂の奥(西側)
 本尊の阿弥陀如来坐像(重要文化財)、十一面観世音菩薩座像(重要文化財)など多数の仏像が安置されている

 <地蔵院>
 仏殿のさらに奥に建つ

 <仏足石>
 礼堂の東側、庭園の傍にある
 釈迦の象徴とされ、仏の三十二相の一つで足の裏に転法輪が描かれている

 <待賢門院堀河の歌碑
 「ながからむ心もしらず黒髪の みだれて今朝は物をこそ思へ」と彫られている
 庭園の北東側に建つ
 待賢門院堀河(たいけんもんいんのほりかわ)は、待賢門院(藤原璋子)に仕えて「堀河」と称された
 女流歌人で小倉百人一首にも選ばれている
 高さ約1.5m
 1997年(皇紀2657)平成9年に建てられたもの

 <五位山(ごいさん)>
 背後にある山
 仁明天皇が、山頂からの眺めが素晴らしいので、山に従五位下の位を授けたことから「五位山」と称される



【法金剛院の寺宝】

 <木造 阿弥陀如来坐像(重要文化財)>
 本尊
 平安時代後期
 1130年(皇紀1790)大治5年の作
 仏師 院覚(いんかく)の現存する唯一の作
 木造漆箔、像高2.2mを超え、蓮弁の彫刻がみごとな大作で、西御堂(丈六阿弥陀堂)の本尊だった
 定朝様式の優美な装飾が加えられた像
 平等院法界寺とともに、「定朝の三阿弥陀」と称される

 <木造 厨子入 十一面観音坐像(重要文化財)>
 本堂に安置されている
 像高69.2cm
 四臂(手が4本)の坐像としては例がない珍しいもの
 仏身は、粉溜塗、鳳凰の盛上彩色文や截金文がある
 1319年(皇紀1979)元応元年
 院派の仏師 院吉らによって造立される

 厨子(ずし)は、鎌倉時代の作
 天井は、八葉蓮華の天蓋
 三方開きの扉には十二天、背板には、三十三身分応化図が描かれている

 <木造 地蔵菩薩立像(重要文化財)>
 平安時代の作
 一木彫
 ずんぐりした体つきで、衣紋に古様がある

 <木造 僧形文殊菩薩坐像(重要文化財)>
 平安時代の作
 一木彫
 珍しい僧形の文殊菩薩

 <木造 地蔵菩薩坐像>
 一丈六尺の大きさ
 目に金箔が貼られていたことから「金目地蔵(かなめじぞう)」と称される
 転じて「要地蔵」「叶地蔵(かなえじぞう)」とも称される
 平安時代後期の作

 <蓮華式香炉(重要文化財)>
 古清水(こきよみず)焼きで、蓮の花をかたどった香炉
 大型で、縁に金、紅、紫で彩色されている
 仁清(にんせい)の作といわれる
 京都国立博物館の寄託




花の名所

 関西花の寺第十三番
 4月上旬〜中旬 待賢門院桜(枝垂桜)
 6月上旬〜中旬 花菖蒲菩提樹沙羅(さら)
 6月中旬〜7月上旬 紫陽花(あじさい)
 7月上旬〜8月上旬 蓮(ハス)
 11月中旬〜下旬 紅葉



【法金剛院へのアクセス】

 JR嵯峨野線 花園駅 徒歩約5分
 市バス 花園扇野町 徒歩すぐ
 京都バス 花園 徒歩約5分


【京都検定 第1回3級】

36.花の名所について、次のことは正しいかどうか?
(エ)法金剛院は椿の名所である

【京都検定 第10回3級】

 京都検定3級の道  前の問題に戻る  ・ 次の問題に進む

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第6回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク