本法寺(ほんぽうじ)(HonpouJi)

所在地:京都市上京区小川通寺之内上ル本法寺前町   地図情報

日蓮宗京都十六本山の一つ

山号:叡昌山(えいしょうざん)

本尊:十界曼荼羅

開山:日親上人(にっしんしょうにん)

中興の祖:本法寺十世 日通上人

上方三ヶ寺(頂妙寺・妙国寺(堺市))の一つ

 本法寺(ほんぽうじ)は、本阿弥家の菩提寺

 6月中旬の梔子(くちなし) 、参道の紫陽花(あじさい)名所

本法寺の写真集

【本法寺の歴史・経緯】



【本法寺の伽藍】

 <本堂(京都府指定有形文化財)>
 1797年(皇紀2457)寛政9年の建立

 <多宝塔(京都府指定有形文化財)>
 寛政年間(1789年〜1801年)の建立

 <経蔵(京都府指定有形文化財)>
 1588年(皇紀2248)天正16年
 中興の祖の本法寺十世 日通上人が建立
 本法寺の最古の建物の一つ

 <開山堂(京都府指定有形文化財)>
 <大玄関(京都府指定有形文化財)>
 <庫裡(京都府指定有形文化財)>
 <書院(京都府指定有形文化財)>
 <仁王門(京都府指定有形文化財)>
 <唐門(京都府指定有形文化財)>
 <鐘楼(京都府指定有形文化財)>
 <宝蔵(京都府指定有形文化財)>
 <石橋(京都府指定有形文化財)>
 <講堂>

 <巴の庭(ともえのにわ)(国の名勝
 書院前の桃山風の枯山水庭園
 本阿弥光悦の作庭
 書院の東側が主体で、南側へかぎ型になっている
 三島をそれぞれ巴形にして配されている
 中庭には、本阿弥光悦遺愛の手水鉢が置かれている
 東南隅には、枯れ滝石組(三尊石組)がある
 一段落して置かれている縦縞模様をもつ青石により、水流の落ちる様子を表わされている
 書院東側の縁先近くには、十本の切石で縁どられた蓮池がある

 <十の庭(つなしのにわ)>
 講堂南の庭
 9つの石と、見る者の心中にもう一つの石で、10とする
 十の数字を数えるときに「十(とう)」だけは「つ」を付けないので、「十(つなし)」と称する
 沙羅の木が植えられている

 <蹲踞の庭>

 <涅槃会館>
 宝物展示がされている

 <墓地>
 本阿弥家一族や長谷川等伯らの墓がある

 <本阿弥光悦手植え松>

 <長谷川等伯の像>
 本堂前に、筆を持って立っている

 <尊陽院>
 <教行院>
 <教蔵院>


【本法寺の寺宝】

 <紫紙金字 法華経(重要文化財)>
 本阿弥光悦の寄進状が添えられている
 花唐草文経箱に入っている

 <紙本著色 仏涅槃図(重要文化財)>
 1559年(皇紀2219)永禄2年
 長谷川等伯の筆
 10m×6m
 長谷川等伯が、若死した息子の七回忌に奉献したもの

 <絹本著色 日通像(重要文化財)>
 長谷川等伯の筆

 <絹本著色日堯像(重要文化財)>
 長谷川信春の筆

 <紙本墨画妙法尼像(重要文化財)>
 長谷川等伯の筆といわれている

 <法華題目抄(重要文化財)>
 本阿弥光悦の筆

 <如説修行抄(重要文化財)>
 本阿弥光悦の筆

 <絹本著色 蓮花図(れんげず)2幅(重要文化財)>
 銭舜挙(せんしゅんきょ)の筆といわれる

 <絹本著色 群介図(重要文化財)>
 <絹本墨画 中文殊左右寒山拾得図3幅(重要文化財)>
 <長谷川等伯関係資料(重要文化財)>
 <金銅宝塔(重要文化財)>
 <棟札十三枚(京都府指定有形文化財)>


【本法寺の祭事】

 <涅槃会
 3月15日〜4月30日


本法寺の写真集

【本法寺へのアクセス】

 市バス 堀川寺之内 徒歩約3分
 京都バス 堀川寺之内 徒歩約3分
 地下鉄 烏丸線 鞍馬口駅 徒歩約15分


【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第12回2級】

【京都検定 第7回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

写真集のページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク