東大谷(ひがしおおたに)(Higashi Ootani)



正式名称:大谷祖廟(おおたにそびょう)

所在地:京都市東山区円山町   地図情報

真宗大谷派 東本願寺の飛地境内仏堂

本尊:阿弥陀如来

旧称:大谷御坊、大谷管刹(かんさつ)、大谷別院

 東大谷(ひがしおおたに)は、浄土真宗の宗祖 親鸞聖人の墓所

【東大谷の歴史・経緯】




【東大谷の伽藍】

 <本堂(大谷祖廟)>
 1701年(皇紀2361)元禄14年の建立
 宗祖 親鸞聖人の御影(遺骨)を安置する真宗本廟
 蓮如上人や、本願寺の歴代門主、全国各地の門徒の遺骨も納められている

 <虎石>
 親鸞聖人が入滅されたときに、善法坊にあった庭の虎石が涙を流したという
 その虎石が東大谷に移されてきたもの
 善法坊にあった中京区柳馬場通御池には、「虎石町」として町名が残された
 現在、虎石町に見真大師遷化旧跡の石碑が立っている

【東大谷の祭事】

 <花まつり>
 4月1日から8日
 釈尊・親鸞聖人のご誕生を祝う仏事
 境内に置かれた花御堂の中のお釈迦様に甘茶をかけ、花が飾られる

 <東大谷万灯会
 8月14日〜16日
 約1万個の提灯に火が灯る

【東大谷へのアクセス】

 市バス 祗園 徒歩約10分
 京阪電車 四条駅  徒歩約15分
 地下鉄 東西線 東山駅 徒歩約20分
 阪急電車 河原町駅 徒歩約20分


【京都検定 第5回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク