大報恩寺(だいほうおんじ)(DaihouonJi)

所在地:京都市上京区今出川七本松上ル溝前町   地図情報

真言宗智山派の寺院

山号:瑞応山(ずいおうざん)

本尊:釈迦如来

開基:求法上人(ぐほうしょうにん)義空(ぎくう)(藤原秀衡の孫)

通称:千本釈迦堂(せんぼんしゃかどう)

新西国第十六番札所
ぼけ封じ三十三霊場第二番札所

 大報恩寺(だいほうおんじ)は、「千本釈迦堂(せんぼんしゃかどう)」と称される寺院

 応仁の乱の戦火の中で残った京都市街地では最も古い建物が残る

 吉田兼好の「徒然草」にも登場する

 おかめ伝説に伴い建築関係者、特に大工職の参詣も多い

 南の門前町は歴史の古い市街地として上京北野界わい景観整備地区に指定されている

【大報恩寺の歴史・経緯】





【大報恩寺の伽藍】

 大報恩寺は、街の中にあり、一般の民家に囲まれて建っている

 境内入り口に「千本釈迦堂」と彫られた石柱が立てられており、参道が山門まで続く

 山門をくぐり正面に本堂が建つ

 <本堂(国宝
 千本釈迦堂
 創建当時のままの純和風の寝殿造
 1227年(皇紀1887)安貞元年の建立
 応仁の乱やたびたびの大火からも奇跡的に焼失を免れ、京都市街地に現存する最古の木造建築
 1954年(皇紀2614)昭和29年
 本瓦葺から檜皮葺きに変えられる
 本尊の秘仏 釈迦如来像(重要文化財)が安置されている
 内陣と外陣とを区切っている隔壁は、鎌倉時代初期の遺構といわれ、柱には、応仁の乱の時の刀や槍の傷跡が残る
 内部には中陣の天井周りの七宝つなぎなどの装飾があり、板壁仏画なども残る
 大柱の上部に升型の受けがあり、大工棟梁が誤って切ってしまい、妻おかめのアイデアで、足りない分を升型の受けを作る事で解決したものといわれる

 <おかめ塚>
 本堂の前、東側の大きな宝篋印塔
 本堂を建立した大工棟梁 長井飛騨守 高次の妻 阿亀(おかめ)の内助の功をしのぶ遺跡
 本堂の造営のための貴重な柱の寸法を誤って切ってしまい途方に暮れていた高次を見た妻が、一計を案じ見事に本堂を落成させることができた
 しかし、上棟式の前日に妻は「女の入れ知恵があったと世間にばれたら夫の恥」と自殺してしまった
 高次は、妻の心情にうたれ、上棟式に御幣におかめの面を飾り冥福を祈ったという故事に由来する

 <おかめ銅像>
 おかめ塚の左側に建つ満面の笑みのブロンズ像
 1979年(皇紀2639)昭和54年
 おかめを慕う信者らにより建てられる
 銅像の原型の「おかめ人形」が本堂の東隅に安置されている

 <北野経王堂>
 山門から本堂までの参道の左側に建つ
 1401年(皇紀2061)応永8年
 足利義満が、明徳の乱で敗戦死した山名氏清や兵士を弔うため「北野経王堂願成就寺」を内野北野天満宮門前)に建てたといわれる
 明治維新  神仏分離によって破却され、大報恩寺に解体縮小して移築される

 <霊宝館>
 本堂の西側に建つ

 <稲荷大明神>
 <弘法大師堂>
 <不動明王堂>

 <ぼけ封じ観音像>
 ぼけ封じ三十三霊場第二番札所

 <布袋尊
 福徳長寿・富貴繁栄・商売繁昌・家運隆盛のご利益

 <御衣黄桜(ぎょうこうざくら)>
 花の色が、淡緑から少し濃度を増して緑色になる

 <黄桜(ク金の桜)>
 <菩提樹


【大報恩寺の寺宝】

 国宝、重要文化財が40件以上あるといわれる

 <木造 釈迦如来坐像(重要文化財)>
 秘仏の本尊
 創建当時の鎌倉時代の作
 仏師 快慶の弟子である行快の作

 <木造 六観音菩薩像(重要文化財)>
 聖観音・千手観音・十一面観音・馬頭観音・准胝観音・如意輪観音の六躯
 玉眼入り、宋風の複雑な衣文の、等身大の素木の像
 北野経王堂に祀られていたもの
 1224年(皇紀1884)貞応3年の銘がある
 肥後別当定慶の作といわれる

 <木造 十大弟子立像(重要文化財)
 釈迦に従う十人の弟子の像
 像高約90.8cm、玉眼入りの彩色像
 体内文書に、1218年(皇紀1878)建保6年の銘があり、目連尊者の右足に「巧匠法眼快慶」の墨書銘がある
 快慶の作といわれる
 霊宝館に安置されている

 <銅造 誕生釈迦仏立像(重要文化財)>
 <木造 千手観音立像(重要文化財)>

 <だ太鼓縁(だだいこぶち)(重要文化財)>
 霊宝館にある高さ7mほどの大きな一対の太鼓縁
 室町時代の作

 <木造 千手観音立像(重要文化財)>
 像高1.76m、一木彫成の彩色像
 平安時代の創建以前の古像であり、伝来は不詳
 菅原道真の自刻の像ともいわれる
 霊宝館に安置されている

 <木造 傳大士(ふたいし)および二童子像(重要文化財)>
 北野経王堂に祀られていたもの
 1418年(皇紀2078)応永25年
 仏師院隆の作

 <北野経王堂一切経(重要文化財)>
 5,048帖(うち補写経が232帖)
 1412年(皇紀2072)応永19年
 僧 覚蔵坊増範の発願で書写された一切経




【大報恩寺の祭事】

 <おかめ福節分会>
 2月節分
 お多福招来を願う

 <千本釈迦念仏・遺教経会>
 3月22日
 釈迦の「遺教経」を千本式の唱え方で奉誦され、僧侶の声明が静かに流れる
 文永年間(1264年〜1275年)
 二世の如輪により始められる
 吉田兼好の「徒然草」にも記録がある

 <花供養> 5月

 <陶器市>
 7月9日〜12日
 全国の陶磁器業者が境内に露店を開き、陶器市が行われる

 <陶器供養会
 7月10日
 磁器の原石などが本堂に供えられ、陶磁器への感謝と、業界の発展を祈願する法要が行われる

 <精霊迎えと六道まいり
 8月8日〜12日
 お精霊迎えの「迎え鐘」が撞かれる
 葬送の地「蓮台野」に使者を葬る時に撞いたという故事にちなむ

 <大根焚き
 12月7日〜8日
 成道会法要(じょうどうえほうよう)
 釈迦が悟りを開いた日を記念して行われる厄除けの大根供養
 集められた丸い大根を輪切りにした切口に梵字を記して無病息災を祈願し、大鍋で煮込み参拝者にふるまわれる
 中風除け、諸病除けのご利益がある


【御詠歌】

 ひとすぢに仏の教たどりなば千本(ちもと)の道も迷わざるらむ

【おかめの故事

 諸堂を建築する際に、木材不足で進まず、摂津の有力な材木商からの寄進で建設にいたったが、
 本堂を建立した大工棟梁 長井飛騨守 高次が、貴重な柱の寸法を誤って切ってしまい途方に暮れることになる

 そこで、高次の妻おかめが一計を案じ、見事に本堂を落成させることができた
 しかし、上棟式の前日に妻は「女の入れ知恵があったと世間にばれたら夫の恥」と自殺してしまった
 高次は、妻の心情にうたれ、上棟式に、扇御幣におかめの面を飾り冥福を祈ったという

 本堂の大柱の上部に升型の受けが、足りない分を補ったものといわれる

 その後、度重なる戦火にも本堂だけは奇跡的に残ったことなどから、厄除・招福のおかめ信仰となる
 大工の信仰を得、今日、上棟式にお多福の面を着けた御幣が飾られる由来となっている

【大報恩寺へのアクセス】

 市バス 上七軒 徒歩3分


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第11回2級】

【京都検定 第12回2級】

【京都検定 第9回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク