仲源寺(ちゅうげんじ)(ChuugenJi)

所在地:京都市東山区四条通大和大路東入ル祗園町南側   地図情報

浄土宗の寺院

山号:寿福山

本尊:地蔵菩薩

創建:防鴨河使勢多判官 為兼(えいかんかわしぜいたはんがん ためかね)

通称:目疾地蔵(めやみじぞう)、雨止地蔵、泣き地蔵

洛陽三十三所観音巡礼第十六番札所(千手観音菩薩) 第十七番札所へ

ご利益:眼病平癒

 仲源寺(ちゅうげんじ)は、八坂神社の参道の四条通にある寺院

 鴨川の治水に霊験がある雨止地蔵が訛って「目疾地蔵」と称され、眼病平癒の信仰を集めている

【仲源寺の歴史・経緯】


【仲源寺の伽藍】

 <本堂>
 門をくぐってすぐ正面の建物

 <お地蔵>
 本堂前

 <子供地蔵>
 手前にある柄杓で水を頭からかける

【仲源寺の寺宝】

 <丈六地蔵菩薩坐像>
 本尊の雨止地蔵
 土中に埋まっていたものが掘り出され、四条大橋東北あたりの小祠に安置されていたといわれる

 <山越阿弥陀像>
 本堂そばの阿弥陀座像
 室町時代の作といわれる

 <木像 千手観世音菩薩坐像(重要文化財)>
 観音堂に安置されている
 洛陽三十三所観音巡礼第十六番札所
 平安時代後期の春日仏師の作
 像高248cm
 観音菩薩には三十三の変化身があり、千手観音の手には、すべての変化観音の持物が握られている

 白川法皇が、女御と喧嘩をしたとき、千手観音の法要の一つ「千手愛敬法」を奉修したところ、二人の仲が納まったことから
 不仲になった男女の仲を取り持つ御利益があるといわれる


【仲源寺の祭事】

 <節分会> 節分
 <花まつり> 4月
 <地蔵盆> 8月

【仲源寺の御詠歌】

 「さしのべん せんじゅのみてを もろびとに ぎをんのまちに おわすみほとけ」

【仲源寺へのアクセス】

 京阪本線 京阪四条 徒歩3分
 阪急電車 河原町駅 徒歩10分
 市バス 四条京阪前 徒歩3分


【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第12回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク