長仙院(ちょうせんいん)(CyousenIn)



所在地:京都市中京区六角通河原町西入ル松ケ枝町   地図情報

本尊:阿弥陀如来像

新京極の七不思議の一つ
 長仙院(ちょうせんいん)は、新京極から一つ東の裏寺町通に立つ寺院

【長仙院の歴史・経緯】


【長仙院の伽藍】

 <未開紅の梅>
 蕾(つぼみ)は紅色なのに、花は白色になるという珍しい梅の樹
 新京極の七不思議の一つとされる

【長仙院の寺宝】

 <安倍晴明の木像>
 陰陽師 安倍晴明の束帯姿の座像
 狩衣の袖をひるがえし、眉間に皺を寄せて鋭い眼光を放っている
 1872年(皇紀2532)明治5年
 本尊の阿弥陀如来像など5体と共に、清円寺から譲り受けたものといわれる

 <阿弥陀如来像>
 本尊

 <勢至菩薩像>
 本尊の脇侍

【長仙院へのアクセス】

 市バス 河原町三条 徒歩約5分
 京阪電車 三条駅 徒歩約10分
 阪急電車 河原町 徒歩約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク