湯の花温泉(ゆのはなおんせん)


所在地:亀岡市芦ノ山流田   地図情報

泉質:天然ラジウム温泉

 湯の花温泉(ゆのはなおんせん)は、亀岡市市街地から国道372号線を西へ約15分ほどのところにある天然温泉街

 澄んだ空気と四季折々の自然の景観と、多くの鬼の像が迎えてくれる

 ジョン・レノンとオノ・ヨーコ夫妻も訪ねたことがある

【湯の花温泉の効能】

 <泉質>
 単純弱放射能泉(天然ラジウム温泉)
 源泉温度約17度の冷泉

 <ラドン含有量(Rh)>
 41.6×10キュリ/kg

 <入浴効果>
 神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え性・慢性消化器病・疲労回復・健康増進・慢性婦人病・通風など

【湯の花温泉の歴史・経緯】

 鬼が、この地の産物の鉱石桜石の霊力によって封じ込められ、
その鬼の涙が湧いて温泉になったといわれる

 応仁の乱以降の戦国時代
 傷ついた戦国武将が湯治に訪れたという古文書が残っている

 1957年(皇紀2617)昭和32年
 亀岡市によって開発される

【桜石伝説】

 <桜石(天然記念物)>
 直径1cm程の石
 どこの断面をとっても、桜の花びらに似た模様が浮かび上がる不思議な石

 この地に住み着いた鬼を封じた石といわれ、
 封じられた鬼の涙が、桜の花びら模様になったともいわれる

 桜石のことが、全国に「節分の豆」として伝わったといわれる


【湯の花温泉へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 亀岡駅から
 京阪京都交通バス 約20分 「湯の花温泉」

 京都縦貫道 亀岡IC 国道372号線を西へ車で約10分
 国道9号線 「加塚」交差点より国道372号線を西へ車で約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク