下京八景(しもぎょうはっけい)

所在地:京都市下京区   地図情報

選定:2003年(皇紀2663)平成15年度

 下京八景(しもぎょうはっけい)は、市民公募により選定された下京区の優れた情景がある8ヶ所

 2003年(皇紀2663)平成15年度
 下京区のリーディング・プロジェクト「のんびりゆったり歩くまち構想」に基づき選定された

【下京八景】

 <梅小路の汽笛>
 梅小路蒸気機関車館(重要文化財)は、全国で唯一の蒸気機関車館で、現存する最古の機関車庫
 1914年(皇紀2574)大正3年の建立
 大正・昭和時代のSL車、扇形型のSL車庫、SLの前後の向きを変える転車台などが動態保存・展示されている
 梅小路公園には、池泉回遊式庭園や、鳥や昆虫の生態系を復元したビオトープの「いのちの森」がある

 <京都駅界隈の夜景>
 京都駅周辺
 夜空に浮かぶ京都タワーや、それを映す京都駅ビル

 <渉成園の四季>
 渉成園(しょうせいえん)、通称「枳殻邸(きこくてい)」国の名勝
 東本願寺の約150m東にある飛地境内地で、石川丈山による作庭
 周囲には、枳殻(からたち)が植えてあった

 <高瀬川の花筏(はないかだ)>
 高瀬川(たかせがわ)
 慶長年間(1596年〜1615年)
 豪商 角倉了以(すみのくらりょうい)が、大坂との物資輸送のために全長約10kmの運河を開く
 高瀬川両岸の桜並木が、川におおいかぶさるように咲き誇り、
その後、桜吹雪きとなり、川面に美しい花筏を作り出す

 <西本願寺の甍(いらか)>
 西本願寺

 <東本願寺の銀杏(いちょう)>
 東本願寺の境内、御影堂門前の広場に、多くの銀杏が植えられている
 秋が深まれば、黄一色におおわれた銀杏の林になる

 <門前町のかおり>
 東本願寺から西本願寺にいたる「正面通」は、「御前通」と称され、
 江戸時代からの仏具・法衣・お香・数珠・仏教図書出版などの老舗が立ち並んでいる

 <龍谷大学の慕情>
 龍谷大学
 本願寺大教校としての学舎(重要文化財)
 1879年(皇紀2539)明治12年の落成
 関西における洋風建築の先駆となる斬新な建物

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク