駅の足湯(えきのあしゆ)


所在地:京都市右京区 京福電車 嵐山駅構内   地図情報

湯本:天然温泉「嵐山温泉」

効能:神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、疲労回復など

 駅の足湯(えきのあしゆ)は、全国屈指の観光地 嵐山の中心地付近にある嵐山駅のホームの端に、嵐山温泉の湯をひいた足湯

 タオル付きの足湯利用券(一人150円)を購入して、改札を通り足湯に入る
 京福電車 嵐山本線各駅から乗車してきた場合、駅で足湯利用券が求められる

【駅の足湯の経緯】


【足湯】

 足湯(あしゆ)は、足のくるぶしから下を温める温浴法
 足を温めることにより、血液循環が高められ、体の各機能を良くする
 10分程度の入浴がもっとも効果的といわれる

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク