白河院庭園(しらかわいんていえん)(Shirakawa Teien)



所在地:京都市左京区岡崎法勝寺町   地図情報

形式:池泉回遊式庭園

作庭:7代目 小川治兵衛(植治)

所有:日本私立学校振興・共済事業団

京都市指定名勝

 白河院庭園(しらかわいんていえん)は、下村忠兵衛により、白河院跡に造営された庭園

 下村家は、明治時代から昭和時代にかけて呉服業を営んでいた
 庭園は、7代目 小川治兵衛(植治)により作庭された

 白河院(しらかわいん)は、摂政 藤原良房(ふじわらよしふさ)が、平安京の域外に営んだ別荘で、
後に、白河天皇が、勅願時として法勝寺を建立した

【白河院庭園の歴史・経緯】


【白河院庭園(京都市指定名勝)】

 東山への眺望を活かした庭園

 和館の傍にクロマツの大木など、樹木の特性を熟知した植栽がされ、敷地に遠近感が与えられている

 琵琶湖疏水から水流が引かれた池泉回遊式庭園となっている

 <白河院大門>
 1919年(皇紀2579)大正8年の創建

 <旧館>
 1919年(皇紀2579)大正8年の創建
 数寄屋造
 設計:武田五一

【白河院庭園へのアクセス】

 市バス 京都会館美術館前
 市バス 法勝寺町 下車すぐ

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク