無鄰菴(むりんあん)(MurinAn)

所在地:京都市左京区南禅寺草川町   地図情報

元所有者:山縣有朋の別荘

作庭:小川治兵衛(小川植治)

国の名勝

現在の所有:京都市

敷地:約3,135m2

 無鄰菴(むりんあん)は、山縣有朋小川治兵衛に京都の別荘として作らせた日本庭園

 茶室・洋館・母屋がある

【無鄰菴の歴史・経緯】




【無鄰菴】

 「無鄰菴」の名前の由来は、山縣有朋が山口県に建てた草庵が、隣家のない閑静な場所であったことから付けられた

 周囲は塀で囲まれており、くぐり戸を開けると
 右に洋館と茶室、左手には簡素な木造二階建ての母家が建つ

 <池泉回遊式庭園
 ゆるやかな傾斜地に、東山を借景とした、池や芝生がある庭園
 東端には、醍醐寺三宝院の滝を模した三段の滝があり、
 琵琶湖疏水から引き入れた水が、滝から池へと流れ込み、ゆったりとした曲線を描いて流れる

 明治の代表的造園家である小川治兵衛(植治)の作庭
 設計・監督は、山縣有朋が行ったといわれる

 <茶室
 藪内家燕庵を模して作られる

 <母屋(おもや)>
 簡素な木造二階建
 1896年(皇紀2556)明治29年の建立

 <洋館>
 1900年(皇紀2560)明治33年5月の建立
 茶室の隣にあり、煉瓦造2階建
 一階は小川治兵衛の作庭の展示室と、山縣有朋の愛用品が展示されている
 二階は、江戸時代初期の狩野派による金碧花鳥図障壁図が飾られている



無鄰菴会議

 1903年(皇紀2563)明治36年4月21日午後4時から2時間
 元老 山縣有朋、政友会総裁 伊藤博文、総理大臣 桂太郎、外務大臣 小林寿太郎(こばやしじゅたろう)の4人が、
 日露開戦直前の外交方針を決める会議が、無鄰菴の洋館二階で行われた


 その部屋には、花鳥文様の格天井、椅子、テーブルなどが残されている

【無鄰菴の周辺】

 <南禅寺
 <琵琶湖疏水インクライン
 <琵琶湖疏水記念館
 <京都市動物園
 <京都市国際交流会館


【無鄰菴へのアクセス】

 市バス 神宮道 徒歩約10分
 地下鉄 東西線 蹴上 北西へ徒歩約7分


【京都検定 第1回3級】

57.小川治兵衛がつくった庭園がある無鄰菴は、誰の別邸であったところか?

 京都検定3級の道  前の問題に戻る  ・ 次の問題に進む

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第10回3級】

【京都検定 第11回3級】

【京都検定 第13回3級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第9回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク