洛陽六阿弥陀めぐり(らくようろくあみだめぐり)

 洛陽六阿弥陀めぐり(らくようろくあみだめぐり)は、京都市内の阿弥陀如来像を祀る6ヶ寺の霊場をめぐる

 江戸時代中期
 1717年(皇紀2377)享保2年
 安祥院を開基した大阿闍梨の木食正禅上人が発願する

 定められた功徳日参りを、3年3ヶ月連続39回すれば、無病息災・家運隆盛・祈願成就がかなうといわれる
 1番の真如堂から6番の誓願寺まで、順番に巡礼することが必要とされている

【洛陽六阿弥陀巡り】

 1番 真如堂 阿弥陀如来立像(重要文化財)(うなずきの阿弥陀)

 2番 永観堂 阿弥陀如来立像(見返り阿弥陀)(重要文化財)

 3番 清水寺阿弥陀堂 阿弥陀如来像(恵心僧都作)

 4番 木食寺安祥院

 5番 安養寺 逆蓮華の阿弥陀

 6番 誓願寺 阿弥陀如来坐像(胎内に五臓六腑があった)

【功徳日】

 1月15日 2月8日  3月14日 春の彼岸 4月15日
 5月18日 6月19日 7月14日 8月15日 9月18日
 秋の彼岸 10月8日 11月24日 12月24日

 <初六阿弥陀巡り>
 1月15日
 一年の最初の六阿弥陀巡りで、「南無阿弥陀仏」を念ずれば極楽浄土するといわれる

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク