五月満月祭(うえさくさい)

場所:鞍馬寺 (京都市左京区鞍馬本町)   地図情報

時期:5月の満月の夜

 五月満月祭(うえさくさい)は、5月の満月の夜、鞍馬寺で行われる儀式

 満月に灯を捧げ清水を供えて、満月から宇宙の大霊の力を得て、自己の魂とすべてのものの「めざめ」のための熱い祈りを捧げる

【五月満月祭の歴史・経緯】


【五月満月祭】

 5月の満月には、天界と地上の間に通路が開け、ひときわ強いエネルギーがふりそそがれるといわれる

 その夜、満月に清水を捧げ、心のともし灯を輝かせつつ、ふりそそがれる神秘的なお力を身に受けて、
自分とすべてのものの「めざめ」のための熱い祈りを捧げる

 鞍馬寺の本殿の前庭で、 「一人一願成就祈願」を行い「お力の宝棒」の護符と「心のともし灯」のろうそくをさずかる

 祭事は3部に分かれ、ひと晩かけ早朝まで行われる

 <地鏡浄業(きよめの祈り)>
 午後7時頃
 自己と祭場の浄化のために魔王尊を讃仰(さんごう)する
 お経が唱えられる中、尊天ご宝前の「消えぬ灯」より移された灯を、参列者前方者の「心のともし灯(ろうそく)」に移される
 その灯を各自後者の方に移していき、一人一人が持つ純粋無垢な心の象徴の「心のともし灯」に灯が点される
 祭場がともし灯に埋まると、銀碗に清水を満たし月に祈りを捧げる
 ともし灯を高く掲げて、「真実に生きぬくための強い力を与え給え」と「お力の宝棒」の加持を受け、
月光のふりそそがれた明水を、みんなでわかち頂き、慈愛のみ恵みを心に満たす

 <月華精進(はげみの瞑想)>
 午後10時頃
 お経が唱えられる中、月光を受けながら大地に腰をおろし静かに瞑想を行う

 <暁天明覚(めざめ)>
 引き続き
 金剛床(こんごうしょう)の上に積まれた火床が灯され、お経を唱えながら「一人一願成就祈願」の札が燃やされ、
 智慧(ちえ)の光を輝かせ真実に生きることへの「めざめ」を象徴する聖火が燃える
 参列者全員で「心の書」を唱え、魂のめざめを迎える

【五月満月祭へのアクセス】

 叡山電車 鞍馬線 鞍馬駅 徒歩約1分で仁王門(山門)
 この山門から多宝塔の間に、鞍馬山鋼索鉄道のケーブルカーがある


【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第12回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク