乞巧奠(きっこうでん)

乞巧奠(きっこうでん)

期日:七夕の節句(旧暦7月7日)の夜

別称:乞巧祭会(きっこうさいえ)

 乞巧奠(きっこうでん)は、七夕の節句(旧暦7月7日)の夜、女性達が手芸・裁縫などの上達を願う祭

 中国 唐のときに盛んに行われ、日本でも奈良時代、宮中の節会(せちえ)として取り入れられる

 女性達が、庭に、五色の糸を通した針7本と酒肴や果物などを供えて祈願する

【乞巧奠の歴史・経緯】

【乞巧奠(きこうでん)】

 平安時代には、旧暦七月七日に、宮中や貴族の家庭で広く行われた年中行事

 牽牛(けんぎゅう)・織女(しょくじょ)の伝説をもとに、二つの星の逢瀬を眺め、女性達が織女にあやかって裁縫の上達を祈願する

 日本古来の棚機津女信仰(たなばたつめしんこう)などからも影響されているといわれる

 庭に、むしろを敷き、机を4脚並べて、果物などが供えられ、
 五色の糸をより合わせた糸を通した金銀の針を7本、楸(ひさぎ)の葉に刺したものが供えられる

 一晩中、香をたき、灯明を捧げて、牽牛と織女が合うことが祈願される

 「平家物語」によれば、
 貴族の邸では、願い事をカジの葉に書いた二星会合や詩歌・裁縫・染織などの技芸上達が願われた

【宮中での儀式】

 宮中での儀式次第や室礼は、「江家次第」「雲図抄」などに記されている

 掃部寮が、清涼殿の東庭の南第三間(階の間)に、葉薦と長筵を重ねて敷き、その上に朱漆の高机が四脚立てられる

 机にのせる供え物は、内蔵寮が調えて雑色により運ばれる
 東南と西南の机には、梨・棗・桃・大角豆(ささげ)・大豆・熟瓜・茄子・薄鮑と、酒が一坏ずつおかれる
 西北の机には、香炉、神泉苑の蓮の花十房を盛った朱彩の華盤、
縒り合わせた五色の糸を金銀の七本の針に通して、楸(ひさぎ)の一枚の葉に挿したものがおかれる
 東北の机にも、針を除く西北と同じものが供えられる
 北側東西の机には、秋の調子に調弦した筝が一張おかれる

 机の周りには黒漆の灯台を九本を立てて、内侍所の白粉が机や筵の上に撒かれる

 天皇が二星会合を見るために、殿上間の御倚子を庭に立てられる

 蔵人が、天皇の挿鞋(そうかい)(殿上での履物)を取って控え、竹河台の東に座を敷いて雑色以下が伺候する

 その後、御遊と作文、給禄が行われる

 暁に、再度、白粉を撒いて机などを撤去し、清涼殿の格子が下ろされる

【その他】

 <冷泉家
 旧暦7月7日の夜、牽牛・織女星にお供え物をして芸事の上達の祈願が行われる
 宮中での儀式が引き継がれている
 庭に、祭壇「星の座」が設けられ、四つの机が並べられ、海の幸、山の幸が、それぞれ皿に盛られる
 品目は、「瓜・茄子・桃・梨・空の盃・大角(ささげ)・蘭花豆(らんかず)・蒸蚫(むしあわび)・鯛」と、一首の和歌
 二組で、それぞれ、牽牛(けんぎゅう)・織女(しょくじょ)へのお供えになる
 二星に「貸す」ための琴や琵琶(びわ)が並べられる
 五色の布や糸、秋の七草が飾られる
 和歌の書かれた梶(かじ)の葉や、七夕にちなんで詠んだ和歌の短冊が吊される
 祭壇の周りの九つの燈台(とうだい)が灯される

 蹴鞠(けまり)が行われたり、座敷では管絃の遊びが行われる

 水を張った角盥(つのだらい)で、星を映して眺められる

 二つの星に贈られる和歌を朗々と読み上げる「披講(ひこう)」が行われる


【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第9回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク