烏相撲(からすずもう)(KarasuZumou)

日時:9月9日(重陽節句(ちょうようのせっく)

場所:上賀茂神社   地図情報

京都市登録無形民俗文化財

 烏相撲(からすずもう)は、重陽節句(ちょうようのせっく)の9月9日に上賀茂神社で、重陽神事に続いて、
細殿前庭で行われる行事


 重陽節句には、菊酒を飲んだり、の花についた露で肌を拭ったりして、厄災を祓い長命を祈願される

 上賀茂神社の周辺の賀茂の住人を「烏族」と称されていたことが名前の由来といわれる

【烏相撲の歴史・経緯】


【烏相撲の次第】

 <烏相撲内取式(からすずもううちとりしき)>
 8日午後8時
 烏鳴きをする刀祢(とね)と児童が行う儀式
 取り組みの番立てを組み、習礼(練習)が行われる

 <重陽神事
 9日午前10時から、本殿で神事が行われる
 延命災難除けのご祈祷が終日行われる

 <着座>
 斎王代が、細殿(ほそどの)に着座される
 宮司、権宮司は、東西に分かれて着座
 祭員、行事、刀祢(とね)、相撲をとる児童たちが細殿南庭に移り、細殿に向かって左を禰宜方(ねぎかた)、
右を祝方(ほうりかた)に分れ、西と東の立砂(たてずな)の前に10人づつ分かれて座る

 <地取>
 禰宜代(ねぎだい)と祝代(ほうりだい)の神職によって、我方が勝つようにと、呪いの地取が行われる

 <差符(さしふ)>
 相撲を取る児童の名簿(差符)が、細殿に向かって読み上げられ、
 斎王代に、差符が勧められる

 <刀祢烏>
 烏帽子、白張姿の刀祢(とね)が、東西の幄舎から、弓矢、太刀、、円座の順で持って出て、ピョンピョンと烏が躍るように
3度横飛びをして、これらを立砂(たてずな)に立てかけ、円座に座る
 最初に禰宜方(ねぎかた)、次に祝方(ほうりかた)の刀祢が、を使って「カーカーカー」「コーコーコー」と三々九度の烏鳴きをする
 弓矢などを一緒に持って、三々九躍して、元の幄舎に戻る

 <烏相撲>
 行司が、それぞれ児童を引率して、立砂を3回廻って、左右に分かれる
 相撲が十番取られる

【上賀茂神社へのアクセス】

 市バス・京都バス 上賀茂神社前 すぐ
 地下鉄 北山駅 または 北大路駅 車で約5分


【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第12回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第2回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク