初午大祭(はつうまたいさい)

期日:2月初午の日

場所:伏見稲荷大社  京都市伏見区深草藪之内町   地図情報

別称:福参り、初午詣

 初午大祭(はつうまたいさい)は、伏見稲荷大社の初春第一の祭典

 稲荷大神が初めて稲荷山に鎮座した日が、2月初午の日であったといわれることにちなむ

【初午大祭の歴史・経緯】

【初午大祭】

 2月初午の日
 稲荷山へ参詣し、御神木である杉の小枝を挿し、商売繁昌、家内安全を祈願する

 前日の巳の日から、境内は全国からの多くの参詣者で賑わう

 <しるしの杉
 商売繁盛・家内安全の御符(しるし)として、参拝者に授与されている
 杉は、稲荷大社のご神木で、勢いよく生育すること(昌ん)から、「椙(すぎ)」とも書かれ、「冨の木」ともされ、
杉を授かると家が栄えるといわれる
 家に持ち帰り植えて根がつけば、その年は吉といわれる

 <きつね面
 2月最初の午の日 伏見稲荷大社の初午大祭のときに食べる干菓子

 <畑菜の辛子和え
 毎年、2月初午の日には、伏見稲荷大社を創建した秦伊呂具を偲び、発声が似ている「畑菜(はたけな)」と、
お使いの狐の好物の「辛子(からし)」と「油揚げ」をいただくと縁起がいいといわれる


【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第13回2級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク