祇園祭の神幸祭・還幸祭(しんこうさい・かんこうさい)(Shinkousai & Kankousai)

祇園祭の祭事の一つ

日時:7月17日夕刻・7月24日夕刻

場所:八坂神社四条御旅所   地図情報

 神幸祭(しんこうさい)、還幸祭(かんこうさい)は、祇園祭の祭事の一つ

 祇園祭の祭事としては、最も重要な祭事

【神幸祭】

日時:7月17日夕刻

場所:八坂神社から四条御旅所   ちず丸地図情報

 神幸祭(しんこうさい)は、八坂神社の3人の祭神が、黄金の神輿に遷され、神輿に乗って八坂神社を出発し、
鴨川を渡り、山鉾巡行で清められた各氏子町内を渡幸し、四条御旅所に渡御する神事











【3基の神輿】

 <中御座(なかござ)>
 六角形
 祭神:素戔嗚尊
 担ぎ手:三若神輿会  輿丁800名

 <東御座>
 四角形
 祭神:櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと) 素戔嗚尊の妻
 担ぎ手:四若神輿会  輿丁450名

 <西御座>
 八角形
 祭神:八柱神子神(やはしらのみこがみ) 素戔嗚尊と櫛稲田姫命の子
 担ぎ手:錦神輿会  輿丁600名






【還幸祭】

日時:7月24日夕刻

場所:四条御旅所から八坂神社   ちず丸地図情報

 還幸祭(かんこうさい)は、1週間、四条御旅所で滞在された八坂神社の3人の祭神が、神輿に乗り氏子町内を渡旅し、
八坂神社に還幸する祭事

 祗園会の発祥の地である神泉苑跡の「御供社」(三条堀川西)では、神輿に灯をともし、久世稚児の参拝などの祭事が行われる



無言参り

 八坂神社の3人の祭神が滞在している四条御旅所で、神幸祭から還幸祭までの七日七夜間、誰とも言葉を交わすことなく
お参りをすれば、願いが叶うといわれる

関連する祇園祭の祭事

 <神輿洗式
 7月10日 午後8時頃から
 主神を祀る中御座(なかござ)の神輿を鴨川の水で清める神事

 <宵宮祭>
 7月15日 午後8時頃
 八坂神社 境内の灯をすべて消して浄闇の中で、舞殿に奉安されている3基の神輿に神霊が遷される

 <神輿洗式
 7月28日 午後8時半頃
 神輿を鴨川の水で清め、八坂神社に戻り、神輿庫(みこしぐら)に納められる


【その他】

 <神輿迎え、祇園御霊会>
 明治以前は、17日の神幸祭を「神輿迎え」、24日の還幸祭を「祇園御霊会」と称されていた
 17日は、洛外にあった八坂神社から、洛中に入ってこられ御旅所に滞在されることから、 町衆が山鉾により厄払いをされる
 24日は、神泉苑が神輿渡御の順路に含まれ、神輿に集まった疫神を水辺から冥界へ送る主旨がある


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第4回3級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク