祇園祭の祭事(さいじ)

期間:7月1日〜7月31日

国の重要無形民俗文化財(山鉾行事)(1979年(皇紀2639)昭和54年)
ユネスコの無形文化遺産(山鉾行事)(2009年(皇紀2669)平成21年)

2014年(皇紀2674)平成26年に、前祭と後祭が復活する

 祇園祭は、7月1日から始まり、7月31日まで、いろいろな行事や祭事が行われる

 祇園祭の祭事は、八坂神社の神事と、山鉾町での祭事と、明確に分かれている
   山鉾巡行は、山鉾町による疫病退散が目的であり、八坂神社には巡行されない
     (くじ取り式も、八坂神社でではなく、以前は、六角堂、現在は、京都市役所で行われる)
   八坂神社神幸祭・還幸祭の神輿渡御は、氏子町内を廻るが、山鉾町を廻るわけではない

 山鉾行事は、国の重要無形民俗文化財、ユネスコの無形文化遺産に登録されている

祇園祭の主な祭事】

吉符入

 7月1日〜5日 (場所:各山鉾町−主催:各山鉾町
 吉符入」とは、「神事始め」の儀式
 山鉾の各町は、山鉾の収蔵庫を開いて、町会所に設けられた祭壇に鉾の御神体が祀られ、八坂神社の神職により御祓いを受け、
1ヶ月間の無事を祈願する
 関係者が集まり、その年の祇園祭に関する段取りや当番などの打ち合せが行われる

 「囃子始め」
 各町会所では、囃子方たちにより笛や鉦(かね)、太鼓を響かせ練習が行われる

お千度の儀

 7月1日 10時 (場所:八坂神社−主催:長刀鉾町
 長刀鉾の稚児・関係者が、八坂神社に参拝し、祇園祭の無事が祈願される

くじ取り式

 7月2日 10時 (場所:京都市役所−主催:清々講社)
 山鉾巡行の順番が、くじで決められる
 京都市長の立会いで、京都市役所会議場で、くじ取りが行われる

<山鉾町社参>

 7月2日 11時から (場所:八坂神社−主催:各山鉾町
 各山鉾の町代表が八坂神社に参拝し祭の無事が祈願される

<長刀鉾吉符入・稚児舞披露>

 7月5日 15時から (場所:長刀鉾町−主催:長刀鉾町
 長刀鉾で吉符入が行われ、稚児舞披露(太平の舞)が披露されます
 鼓を叩くため両手にバチを持ち、小さな体を優雅に旋回させます

<綾傘鉾稚児社参>

 7月7日 14時30分 (場所:八坂神社−主催:綾傘鉾町
 綾傘鉾の稚児が、八坂神社に参拝し、祭の無事が祈願される

<幣切り>

 7月10日 10時 (場所:長刀鉾町−主催:長刀鉾町
 長刀鉾町の神事に必要な各種の御幣を、八坂神社の神職の奉仕により切り整えられる

<神事用水清祓式>

 7月10日 10時 (場所:鴨川四条大橋南−主催:宮本組)
 神輿洗式に使われる神事用水(朝にくまれた鴨川の水)がお祓いされる

<高橋町社参>

 7月10日 11時 (場所:八坂神社−主催:高橋町)
 斎竹建てを行う高橋町の役員が、八坂神社に参拝し、神事の無事を祈願される

<日本神話語り奉納>

 7月10日 13時 (場所:八坂神社
 日本神話「古事記」の語り奉納が行われる

<お迎提灯(おむかえちょうちん)>

 7月10日 16時30分 (場所:八坂神社−主催:祗園万灯会)
 神輿洗の神輿を迎えるために、各氏子区内に提灯が立てられ、祗園囃子の音色に合わせて提灯行列が町中を歩く
 17時に、行列がお先太鼓の音とともに八坂神社を出発
 金獅子・銀獅子・児武者・小町踊などの行列が続く
 江戸時代中期から始まったもの
 祗園万灯会(ぎおんまんとうかい)の主催で行われる

神輿洗

 7月10日 20時頃から (場所:八坂神社四条大橋南−主催:八坂神社・清々講社・宮本組)
 17日の神幸祭に渡御(とぎょう)する八坂神社の3基の神輿のうち、主神を祀る中御座(なかござ)の神輿を鴨川の水で清める神事
 祇園祭に集まる神々を迎える意味もあるといわれる

 白い法被姿の男衆ら約150人に担がれた神輿が八坂神社から松明で、神輿の通る道を清めながら先導され、四条大橋まで運ばれる
 四条大橋で、神職の祝詞の後、朝のうちに鴨川からくみ上げられた水に榊(さかき)を浸して神輿に振りかけ清められる
 この飛び散る水しぶきにかかると無病息災でいられるといわれる

<前祭山鉾建て(ほこたて)>

 7月10日〜13日 (場所:各山鉾町−主催:各山鉾町
 分解収納されていたの組み上げが3日がかりで行われ、懸装が施こされる
 高さ約20m、重さ10トンを超すの組み立てに釘は一切使われず、「雄蝶」「雌蝶」「えび巻き」など「縄がらみ」と称される伝統的な
縄締めの技法で組み立てられる

<前祭曳初め(ひきぞめ)>

 7月12日〜14日 (場所:各山鉾町−主催:各山鉾町
 が建つと、それぞれ曳初めが行われる
 山町でも、14日頃には、の組み立てが行われる

<稚児社参(ちごしゃさん)>

 7月13日 11時 (場所:八坂神社−主催:長刀鉾町
 長刀鉾の稚児が八坂神社に参拝をして位(くらい)をもらう
 以後、山鉾巡行まで身を慎み、山鉾巡行では、長刀鉾の正面に乗り、斎竹に張られた注連縄を切る(注連縄切り

<久世駒形稚児社参>

 7月13日 14時 (場所:八坂神社−主催:久世町)
 南区久世から駒形の稚児が、八坂神社に参拝する
 駒形稚児は、17日の神幸祭と、24日の還幸祭に供奉する稚児
 駒形は、木造馬形で、素戔嗚尊の荒御魂を祀る上久世町の綾戸国中神社のご神体とされ、稚児が胸にかける

<仲之町御供>

 7月14日 14時 (場所:松原中之町−主催:松原中之町)
 松原仲之町の八坂神社で、松仲会の人たちが、潔斎をして特殊神饌を献じる

御手洗井戸開き

 7月15日早朝 (場所:御手洗井−主催:手洗水町)
 烏丸通錦小路上ルの御手洗水の井戸のふたを開けてお祓いがされる

<式包丁奉納>

 7月15日 10時 (場所:八坂神社−主催:日本式包丁道生間流
 日本式包丁道生間流により八坂神社で奉納される

 15時からは
 今様・日舞・琴曲・剣舞・詩吟・琵琶などが奉納される

<祇園祭伝統芸能奉納>

 7月15日 15時 (場所:八坂神社
 今様など、各種伝統芸能が奉納される

斎竹建て

 7月15日 16時 (場所:四条麩屋町−主催:高橋町)
 四条麩屋町角に斎竹(葉が付いた青竹)が建てられる
 山鉾巡行の始まりに、長刀鉾の稚児により、この斎竹に張られた注連縄が太刀で切られる(注連縄切り

<宵宮祭>

 7月15日 20時 (場所:八坂神社−主催:八坂神社
 八坂神社で、3基の神輿に神霊を遷す神事
 本殿で、神饌が供えられ、祝詞が奏上される
 真っ暗な境内に琴が弾かれ、白装束の神職の行列が本殿から拝殿に移り、神霊が遷される

<前祭宵山(よいやま)>

 (場所:各山鉾町−主催:各山鉾町
 7月14日 宵々々山(よよいよいやま)
 7月15日 宵々山(よいよいやま)
 7月16日 宵山(よいやま)

 各山鉾には駒形提灯に灯がともり、祗園囃子が流れる
 鉾や山に乗ることもできる町もある
 この日だけのお守りさんなども売られる

 <屏風祭
 室町通や新町通では、献灯の高張提灯が建てられ、幔幕(まんまく)を張った家では、家の中の座敷に飾られた
代々伝わる屏風などが格子ごしに見学できる

献茶祭

 7月16日 9時 (場所:八坂神社−主催:祇園祭献茶会)
 八坂神社に拝服席・副席が設けられる
 表千家家元と、裏千家家元が隔年交代で奉仕される

<豊園泉正寺榊建>

 7月16日 9時 (場所:東洞院通仏光寺東入ル)
 中御座神輿の神幸列の前を供奉する榊が建てられる

護摩焚き

 7月16日 14時頃 (場所:役行者山−主催:役行者町)
 役行者山において、修験道の本山聖護院から山伏が来て、護摩焚きが行われる

宵宮神賑奉納行事

 7月16日 夕方 (場所:八坂神社石段下−主催:八坂神社
 八坂神社祗園石段下四条通で、いろいろな芸能奉納が行われる

石見神楽

 7月16日 18時30分頃 (場所:八坂神社
 能舞台にて、島根県人会による素戔嗚尊の大蛇退治の舞などが奉納される

<前祭日和神楽

 7月16日 23時 (場所:各山鉾町八坂神社四条御旅所−主催:各山鉾町
 翌日の、山鉾巡行の好天を祈願して、各山鉾町の日和神楽が八坂神社四条御旅所へ囃子を奏でながら参拝する
 長刀鉾町は、八坂神社で囃子を奉納される

あばれ観音

 7月16日 22時30分頃  (場所:南観音山−主催:南観音山
 観音像をかついで町内を廻る
 宵山の最後の行事とされる

前祭山鉾巡行

 7月17日午前9時 (場所:各山鉾町・市中−主催:祇園祭山鉾連合会)
 疫病退散のため各山鉾町により建てられた23基の山鉾が、四条烏丸から、四条通御旅所・河原町通・御池通・新町通を巡行する

神幸祭

 7月17日 16時 (場所:八坂神社・氏子町・四条御旅所−主催:八坂神社
 八坂神社から神輿3基が氏子町内を回って、山鉾巡行で清められた四条寺町の御旅所へ渡御する神事
 久世駒形稚児が先導する中御座、東御座、西御座と、八坂神社南楼門から出発し、各氏子町を巡行する
 20時頃に、四条御旅所に到着し、この夜から7日間、24日まで滞在する
 無言参り 誰とも言葉を交わすことなく七夜お参りすれば、願いが叶うといわれる

<後祭山鉾建て(ほこたて)>

 7月18日〜21日 (場所:各山鉾町−主催:各山鉾町
 後祭の山鉾10基が、釘を一本も使わず縄で組み立てられる

<花傘巡行宣状授与式>

 7月20日 15時 (場所:八坂神社−主催:祇園祭花傘連合会)
 八坂神社で、花傘巡行に奉仕する馬長稚児、児武者の宣状が交付される

<後祭宵山(よいやま)>

 (場所:各山鉾町−主催:各山鉾町
 7月21日 宵々々山(よよいよいやま)
 7月22日 宵々山(よいよいやま)
 7月23日 宵山(よいやま)

 各山鉾には駒形提灯に灯がともり、祗園囃子が流れる
 鉾や山に乗ることもできる町もある
 この日だけのお守りさんなども売られる

<煎茶献茶祭>

 7月23日 9時 (場所:八坂神社−主催:八坂神社煎茶会)
 八坂神社にて、煎茶家元会の輪番で煎茶が奉仕される

<琵琶奉納>

 7月23日 13時 (場所:八坂神社−主催:琵琶協会)
 能舞台で琵琶の奉納が行われる

<オハケ清祓式>

 7月23日 14時 (場所:御供社−主催:八坂神社
 後祭の神事が行われるにあたり、御供社で、オハケが建てられる
 「オハケ」は、石鳥居の右側に幅七尺奥行二尺に芝を敷き、中心に3本の御幣を、四隅に斎竹が立てられる

後祭山鉾巡行

 7月24日午前9時 (場所:各山鉾町・市中−主催:祇園祭山鉾連合会)
 疫病退散のため各山鉾町により建てられた10基の山鉾が、四条烏丸から、四条通御旅所・河原町通・御池通・新町通を巡行する

花傘巡行

 7月24日 10時 (場所:八坂神社・市中−主催:祇園祭花傘連合会)
 17日の前祭(さきのまつり)と24日の後祭(あとのまつり)の2度行われていた山鉾巡行が17日に統合され、
 24日には、花傘巡行が行われるようになる
 八坂神社では、芸能の奉納が行われる

還幸祭

 7月24日 17時 (場所:四条御旅所・氏子町・八坂神社−主催:八坂神社
 17日から御旅所(おたびしょ)に鎮座していた三基の神輿が、氏子町内を渡旅する
 21時から23時頃、八坂神社に還幸する

狂言奉納

 7月25日 10時頃 (場所:八坂神社−主催:茂山社中)
 八坂神社にて、茂山忠三朗社中により、狂言が奉納される

神輿洗

 7月28日 20時 (場所:八坂神社四条大橋南−主催:八坂神社・清々講社・宮本組)
 神輿を鴨川の水で清め、八坂神社に戻り、神輿庫(みこしぐら)に納められる
 10時から、鴨川四条大橋の南で、神輿洗いに使われる鴨川の水をくみ上げた神事用水のお祓いが行われる
 20時から、神事用水で、神輿が清められる

<神事済奉告祭(しんじすみほうこくさい)>

 7月29日 16時 (場所:八坂神社−主催:宮本組)
 八坂神社にて、祇園祭の終了を、神前に奉告される

疫神社夏越祭

 7月31日 10時 (場所:八坂神社疫神社−主催:八坂神社
 八坂神社の疫神社(えきじんじゃ)
 茅の輪が設けられ、夏越祓が行われる
 この神事で、祇園祭の神事が全て終了する


【その他】

 <祗園執行日記
 1533年(皇紀2193)天文2年6月7日のところには、
 「神事コレ無クトモ、山鉾渡シタキ事ヂヤケニ候」と記されていて、
 八坂神社の神事が中止になっても町衆の山鉾は出したい」と官祭から町衆の祭礼へと変化していったことがうかがえる


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第10回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第3回1級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第5回1級】

【京都検定 第6回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク