お千度の儀(おせんどのぎ)(OsendonoGi)



祇園祭の祭事の一つ

日時:7月1日 午前10時

場所:八坂神社   地図情報

鉾町:長刀鉾

 お千度の儀(おせんどのぎ)は、祇園祭の祭事の一つ

 長刀鉾の稚児が、八坂神社に稚児に選ばれた事を報告し、山鉾巡行の安全と、神事の無事が祈願される

 お千度の儀から、1ヶ月間にわたって行われる祇園祭が始まる

【お稚児さん】

 長刀鉾のお稚児さんは、祇園祭の生神様とされる

 6月下旬 結納の儀
 稚児は、古式にのっとり結納の儀が行われ、稚児家から長刀鉾へ養子に出される

 7月1日 お千度の儀
 長刀鉾の稚児に選ばれたことの報告と、神事の無事が祈願される
 このとき、稚児と素手で手をつなぐ事は許されず、白い布越しに手を引かれていく

 7月13日 稚児社参
 稚児は、孔雀の羽をあしらった烏帽子(えぼし)をかぶり、神式衣装をまとい
 八坂神社への社参が行われ、八坂神社の神様のお使いとしての位(五位少尉)をいただく
 このときから、稚児は、精進潔斎(しょうじんけっさい)の生活に入り、
 地面に足をつけてはいけないとされ、
 強力(ごうりき)に担がれたり、馬に乗ったりして移動し、日常では、おこぼを履いて過ごす

 7月17日 山鉾巡行
 先頭の長刀鉾に乗る稚児が、太刀によって注連縄を切り落とし、結界を解き放ち山鉾の巡行を進ませる(注連縄切り

 山鉾巡行の後
 八坂神社の神様のお使いとしての位を返しにいき、役を終える



【お千度の儀】

 7月1日の午前10時
 長刀鉾の稚児や、補佐役の二人の禿(かむろ)、長刀鉾町の役員や稚児係、保存会役員が、
 八坂神社に参拝する

 南楼門から、禿の二人を先頭に、その後に、稚児が続き、境内・本殿へと入る

 本殿では、祝詞奏上が行われる

 その後、稚児・禿、鉾町の役員、稚児家の両親と親戚が揃って本殿を3周回り、
 本殿前と、本殿裏で、参拝を6度行う

 それにより、役員・お供の数などを通算して、千度参拝したこととされる

 このとき、稚児と手をつなぎお供する父親あるいは「祖父、役員らは、
稚児と素手で手をつなぐことは許されず、白い布越しに手をつなぎ引かれる

 稚児は、大きな朱傘を差し掛けてもらいながら境内を歩く

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク