流鏑馬神事(やぶさめしんじ)(Yabusame Shinji)

流鏑馬神事(やぶさめしんじ)は、賀茂祭(葵祭)の前儀の一つ

日時:5月3日 午後1時から

場所:下鴨神社糺の森の馬場   ちず丸地図情報

 流鏑馬神事(やぶさめしんじ)は、下鴨神社で行われる賀茂祭(葵祭)の前儀の一つ

 葵祭の道中を祓い清める神事とされ、下鴨神社で行われる最初の前儀

 馬を走らせながら公家の狩装束姿の騎手が、「陰陽(いんにょう)」と声をかけ、3ヶ所の的を鏑矢で射ぬく神事

 全国で行われている流鏑馬のなかでも、唯一、平安時代の狩装束姿での騎射が行われる

葵祭の写真集

【流鏑馬神事の歴史・経緯】








【社頭の儀】

 楼門内にて行列を組んで出立する
 南口鳥居南庭で騎乗し、表参道を参進し、紅葉橋より馬場元に入る

 馬場元から、女埒(めらち)と馬場殿の間を通り馬場末に進む

 馬場殿にて長官代・馬寮頭代・宮司以下の神職・日記役・供奉者などは、各位置につく

 射手は、騎乗し男埒(おらち)と的の間を馬場末より、各所役は射手に列行して馬場元向かう
 馬場末約は、馬場末に残る

 3ヶ所の的に各々の的役・矢執り・采揚げ・各射手の的持ちが一人ずつ位置につく

 (埒(らち))
 馬場元から見て向かって左側の的の立ててある方の埒(らち)が男埒(おらち)、右側が女埒(めらち)







【流鏑馬】

 糺の森に設けられた南北の全長360mの馬場に、
 途中100mおきに設けられた3カ所の杉板の的(50cm四方の杉の板)を、次々と鏑矢で射ぬいていく

 最初の三馳は、伝統によって「騎射(きしゃ)」と称される
 近衛府(このえのつかさ)の大将が長官となり、近衛府の将監(じょう)や将曹(さかん)・馬寮(めりょう)の助や允(じょう)・
下鴨神社の氏人により、作法や装束、用具などが古来からの古式にのっとり騎射が行われる
 その後、武家が狩装束を着け、流鏑馬が行われる

 <作法>
 各所役が所定の位置に着くと、馬場元役が、軍扇を掲げる
 馬場末役は、同じ様に軍扇をかざして、馬場元役の軍扇に応える

 一の射手は、馬場元の扇型に馬を進めて、揚扇を行う
 扇を高く投げ、「陰陽(いんにょう)」と声をかけながら馳せて、一の的を射る
 すぐ、箙(えびら)より、次の鏑矢を抜いて弓につがえて、二の的、三の的を射る

 二の射手は、同じように馬場元・馬場末役の合図扇が終わると、馬場の扇型に乗り入れて馳せる
 揚扇は行われない

 三の射手は、同じように馬場元・馬場末役の合図扇が終わると、揚鞭(あげむち)を行い馳せ、的を射る

 騎射が終わった一・二・三の射手は、馬場殿の前で騎乗のまま、片鐙をして神禄を長官代(近衛府大将)より賜る
 射手は、これを受け、肩に掛けて馬上拝舞(はいぶ)を行い、馬場元へと帰る

 (神禄)
 桂に布の襷が掛けてある
 一の射手は白色、二の射手は赤色、三の射手は濃色(紺色)の襷を賜る


【糺の森流鏑馬保存会】

 1973年(皇紀2633)昭和48年
 復興を機会に、騎射の伝統を受け継いだ公卿の流鏑馬の保存が図られる
 会長:裏千家 家元 千宗室
 支援:小笠原弓馬術礼法 宗家 小笹原清志ら、小笹原流同門会により奉仕されている

【その他】

 5月5日には、馬上からではなく地上で矢が射られる歩射神事が行われる

葵祭の写真集

【アクセス】

 市バス 糺ノ森 あるいは 下鴨神社前 下車すぐ


【京都検定 第4回3級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

写真集のページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク