競馬会足汰式(くらべうまえあしそろえしき)

競馬会足汰式(くらべうまえあしそろえしき)は、賀茂祭(葵祭)の前儀の一つ

日程:5月1日

場所:上賀茂神社の馬場殿(ばばでん)   ちず丸地図情報

京都市登録 無形民俗文化財

 競馬会足汰式(くらべうまえあしそろえしき)は、上賀茂神社で行われる賀茂祭(葵祭)の前儀の一つ

 5日に行われる賀茂競馬会神事に出走する10頭の馬の走り具合を確かめ、出走馬の組み合せが決められる

【競馬会足汰式の歴史・経緯】

【競馬会足汰式】

 乗尻(のりじり)と称される騎手は、ならの小川で足を清める「足洗の儀」などの神事が行われ騎乗にそなえる

 神職が、御所舎にて、馬の毛並みや歯を見て、健康状態や馬齢が確認される

 最初に、150mの馬場で1頭ずつ走る素駆(すがけ)で、乗尻の姿勢や馬の速さが比べられ、「上の上」から「下の下」までの
格付けが行われる

 2回目は、上位2頭は、一頭ずつ走る

 3位以下の馬は、2頭ずつ、スタート地点をづらしてスタートし、その差を縮められるかどうかで勝敗を決め、位付けが行われる

 乗尻は、神社の神職を代々務めた社家の子孫が務める
 烏帽子に、浄衣の白い装束で騎乗する
 (5日の歩射神事のときには、艶やかな舞楽装束をまとって騎乗される)

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク