夕霧供養(ゆうぎりくよう)(YuugiriKuyou)


日時:11月第2日曜

場所:清凉寺 (京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町)   地図情報

 夕霧供養(ゆうぎりくよう)は、江戸時代の名妓(めいぎ)夕霧太夫(ゆうぎりたゆう)を偲ぶ供養祭

 夕霧太夫のゆかりの清凉寺で、現役の島原太夫を招き、法要が行われる


【夕霧供養の歴史・経緯】



【夕霧供養】

 <法要>
 清凉寺の本堂
 初代の夕霧太夫の供養法要が、
 現役の島原太夫、2名の禿(かむろ)を招いて行われ、本堂内で奉納舞が行われる

 <太夫道中(たゆうどうちゅう)>
 本堂前から山門まで
 現役の島原太夫による太夫道中が行われ、内八文字でゆっくりと練り歩く
 先に2人の禿(かむろ)が歩き、後ろには、道中傘(どうちゅうがさ)を差し掛けるお供の者を従える
 その後、夕霧太夫のお墓まで道中し、花を供えてお参りをされる

 島原太夫らは、その後、嵐山で行われている「嵐山もみじ祭」に出席される


【夕霧太夫】

 夕霧太夫(ゆうぎりたゆう)は、島原に属した太夫
 音曲・舞踊茶道華道歌道など、あらゆる技芸に通じ、美貌で大阪髄一の人気を集めた
 「太夫」とは、最上級の遊女で、芸事だけでなく武家・公家・上層町人の相手を務めるだけの
教養や美貌、金や権力に媚びない資質も必要としたといわれる

 生年不詳
 没年:1678年(皇紀2338)延宝6年1月7日
 本名:照(てる)

 島原「扇屋」の遊女となり、
 後に、扇屋の大坂新町廓への移転と一緒に移り、京の吉野太夫と並び大阪髄一の太夫となる
 20代の若くして病死してしまう

 亡くなった日は「夕霧忌」として俳句の季語にもなっている

 お墓は、大阪の浄国寺・清凉寺・徳島・和歌山にもある

 <浄瑠歌舞伎
 夕霧太夫の死後、夕霧とその愛人 藤屋伊左衛門とを主人公とする作品が多く作られる

 近松門左衛門の浄瑠「夕霧阿波鳴渡」、浄瑠「廓文章」、
 歌舞伎夕霧名残の正月」「夕霧七年忌」などがある

 <夕霧文「待つ春」>
 「おなつかしき折から よふぞ御しめし・・・」
 これを着物の袖などに縫い込んだり、箪笥にいれておくと生涯衣類に不自由しないといわれる

 <歌舞伎銘菓「夕霧」>
 1947年(皇紀2607)昭和22年
 井筒八ツ橋本舗の5代目 津田佐兵衛が、何か歌舞伎にちなんだお菓子をと、歌舞伎銘菓「夕霧」を考案した
 「廓文章」の舞台で、藤屋伊左衛門の持つ編笠紋様に生八ツ橋を仕立て、その中に小倉餡を包みこんだ
 菓子箱の掛け紙には、伊左衛門の舞台衣裳である紫の染め分け紋様を取り入れ、
夕霧太夫の「待つ春」の文が添えられている

 <夕霧大夫遺跡
 清凉寺の西に石碑が立つ


【夕霧供養へのアクセス】

 市バス・京都バス 嵯峨釈迦堂前 徒歩すぐ
 京福電車 嵐山駅 徒歩約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク