京都の歌碑(かひ)(Kahi of KYOTO)

京都は、日本の都として文学の発展の中心ともなり、和歌や俳句などのすばらしい作品を多くさん生んできた

京都においては、その歌碑が、あちこちで見ることができる

【京都の主な歌碑】

 <和泉式部
 貴船神社   「もの思へば沢の蛍もわが身よりあくがれ出づる魂かとぞ見る」
 誠心院

 <上田秋成
 梨木神社

 <上田正昭>
 小幡神社

 <上田三四二>
 放生院

 <大田垣蓮月
 神光院  茶席「蓮月庵」

 <小倉百人一首文芸苑
 小倉百人一首の編纂の舞台となった嵐山嵯峨野エリアに作られた歌碑の野外展示場
 小倉百人一首に採択された10の勅撰和歌集ごとに100首の歌碑が建てられており、小倉百人一首歌碑巡りができる
   奥野々宮地区野々宮地区亀山地区嵐山東地区長神の杜地区

 <荻原井泉水(おぎわらせいせんすい)>
 天得院

 <河上肇>
 法然院

 <祇王>
 平清盛公西八条殿跡

 <新村出(しんむらいずる)>
 上御霊神社

 <親鸞聖人
 日野誕生院

 <菅原道真
 長岡天満宮
 青谷梅林

 <清少納言の歌碑
 泉涌寺

 <待賢門院
 法金剛院

 <長田幹彦
 円山公園 祗園小唄
    「月はおぼろに東山 かすむ夜ごとのかがり火に 夢もいざよふ紅ざくら しのぶおもひを
    ふりそでに 祗園恋しや だらりの帯よ」


 <西田幾多郎
 哲学の道
 法然院

 <平井乙磨>
 勝林院

 <藤原家隆
 上賀茂神社

 <細川ガラシャ
 琴引浜(ことひきはま)

 <松尾芭蕉>
 上御霊神社
 三室戸寺

 <美智子皇后>
 八瀬天満宮

 <三橋美智也>
 壬生

 <向井去来>
 真如堂

 <武者小路実篤
 宝鏡寺の人形塚

 <紫式部
 廬山寺

 <湯川秀樹
 梨木神社

 <横笛(よこぶえ)>
 滝口寺

 <与謝野晶子
 鞍馬寺
 蹴上浄水場
 永観堂
 さわらびの道  真筆の歌碑

 <与謝野鉄幹
 鞍馬寺   「遮那王が背くらべ石を山に見てわがこころなほ明日を待つかな」

 <与謝蕪村>
 金福寺

 <吉井勇の歌碑
 祗園白川  「かにかくに 祗園はこひし寝(ぬ)るときも 枕のしたを水のながるる」
 清凉寺   「いまもなほ なつかしとおもふ 夕霧の 墓にまうでし かへり路の雨」

 <吉田兼好
 長泉寺  木像とお墓   「ちぎりをく花とならびのうぃかのへにあはらいくよの春をすぐさむ」


【京都検定 第1回3級】

69.歌人の吉井勇を偲んで、白川南通の川沿いに建つ歌碑の前で、毎年11月8日に催される行事は何か?

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第5回1級】

【京都検定 第7回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク