角倉了以翁顕彰碑(すみのくらりょういおきなけんしょうひ)



所在地:京都市中京区木屋町通蛸薬師下ル備前島町   地図情報
 角倉了以翁顕彰碑(すみのくらりょういおきなけんしょうひ)は、角倉了以が開削した高瀬川
川沿い木屋町通に立つ顕彰碑
 元立誠小学校の玄関脇にあり、近くには「高瀬川の沿革」も掲示されている

 大きな鍬(くわ)を手にした角倉了以の胸像がある

 1985年(皇紀2645)昭和60年
 高瀬川開削三百七十五年記念として建立された

角倉了以

 角倉了以(すみのくらりょうい)は、朱印船(角倉船)による海外貿易や、技術と工夫を駆使し河川疎通事業を行った豪商


【角倉了以の関連史跡】

 <大堰川(保津川)
 1606年(皇紀2266)慶長11年の開削

 <高瀬川
 1611年(皇紀2271)慶長16年

 <角倉氏邸跡
 木屋町通二条下ル西側一之舟入町

 <角倉了以別邸跡
 木屋町通二条下ル東側東生洲町

 <二尊院
 角倉了以角倉素庵父子の墓所

 <大悲閣
 木造座像・角倉了以顕彰碑がある

【アクセス】

 市バス 四条河原町 徒歩約5分
 阪急電車 河原町 徒歩約5分


【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第2回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク