坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地(さかもとりょうま・なかおかしんたろうそうなんのち)



所在地:京都市中京区河原町通蛸薬師下ル西側塩屋町   地図情報

 坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地(さかもとりょうま・なかおかしんたろうそうなんのち)は、
海援隊隊長 坂本龍馬と陸援隊長 中岡慎太郎が、河原町通蛸薬師の醤油屋の近江屋で、
京都見廻組の襲撃を受け殉死した場所

 近江屋事件(おうみやじけん)の場所

 四条河原町を上がった商店街の店先に、遭難之地として石碑が立っている

近江屋事件

 慶応3(1867)年11月15日夜
 坂本龍馬の33歳の誕生日
 近江屋事件(おうみやじけん)は、河原町通蛸薬師の醤油屋の近江屋で、
薩長同盟と大政奉還の立役者だった土佐藩坂本龍馬と盟友 中岡慎太郎が、
京都見廻組の襲撃を受け、両名とも殉死した事件


【近江屋】

 近江屋は、河原町通蛸薬師の醤油屋だった

 <近江屋の土蔵>
 近江屋では、坂本龍馬のために、土蔵を改造して隠れ家にした
 万が一の時には、土蔵から梯子を使って、裏の稱名寺に逃げられるようになっていたといわれる
 事件のときには、中岡慎太郎が訪ねてきて、母屋の2階奥の八畳間で話し合っていた

【アクセス】

 阪急電話 河原町 すぐ
 市バス 四条河原町 すぐ


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第1回2級】



[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク