松永昌三講習堂跡(まつながしょうぞうこうしゅうどうあと)



所在地:京都市中京区堀川通二条下ル東側土橋町   地図情報
 松永昌三講習堂跡(まつながしょうぞうこうしゅうどうあと)は、
江戸時代初期の儒学者の松永昌三が、京都で最初の私塾 春秋館を開いた後に設立した講習堂の跡

 二条城の東にある京都全日空ホテル前に、石碑が立っている

 講習堂は、明治初年まで続いた儒学門弟教育のための学舎だった

【松永昌三(まつながしょうぞう)】

 松永昌三は、江戸時代初期の儒学者・歴史学者

 儒学者 藤原惺窩の四天王の一人
 歌人俳人 松永貞徳の子

 最初に西洞院二条に春秋館を開き、その後、
京都所司代 板倉重宗の援助により、この地に講習堂を建てた
 その後、後光明天皇より、堺町に土地を与えられ尺五堂を建てた

 門弟には木下順庵、貝原益軒など高名な学者がいる

【松永昌三講習堂跡へのアクセス】

 市バス 二条城前 徒歩約2分
 地下鉄 二条城前駅 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク