九条山浄水場ポンプ室(くじょうやまじょうすいじょうぽんぷしつ)

所在地:京都市山科区日ノ岡朝田町   ちず丸地図情報

竣工:1912年(皇紀2572)明治45年

設計:片山東熊・山本直三郎

構造:煉瓦造り平家建

 九条山浄水場ポンプ室は、琵琶湖疏水の水を防火用水として京都御所へ送るために建設された建物

 琵琶湖疏水第三トンネルを抜けたところにある、品格があり美しい小さな建物

 京都御所より高い場所としてこの場所が選ばれたといわれる
 建物の中にはポンプがあるだけ

 大正天皇が皇太子だった頃、
 琵琶湖疏水を船で下り、施設を視察される計画があったため、豪華な装飾が施された
 関係者が並んで出迎えるために、疏水側にも玄関が設けられている

【アクセス】

 市バス 日ノ岡


【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第15回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク