鴻臚館(こうろかん)(KourouKan)

東鴻臚館跡(ひがしこうろかんあと)
所在地:京都市下京区西新屋敷揚屋町(角屋の北)   地図情報

西鴻臚館跡(にしこうろかんあと)
所在地:京都市下京区朱雀堂ノ口町(京都市中央卸売市場第一市場の南)   地図情報

 鴻臚館(こうろかん)は、平安時代平安京にあった外国使節を宿泊、接遇する施設

 奈良時代以前から前身として、筑紫館や難波館があった
 「鴻臚(こうろ)」とは、「外交使節の来訪を告げる」との意味がある

 現代では、京都御苑内国立京都迎賓館がある

 平安京では、七条に朱雀大路を挟んで東鴻臚館・西鴻臚館があった

 現在の島原に東鴻臚館跡の石碑が
 七条通の京都市中央卸売市場第一市場南に西鴻臚館跡の案内板が立っている

【鴻臚館の歴史・経緯】


【鴻臚館】

 平安京には七条大路の北の朱雀大路を挟んで東西に、「東鴻臚館」「西鴻臚館」があった

 平安京の鴻臚館は、主に渤海使節団を迎賓していたといわれる
 渤海使節団は、能登客院(石川県志賀町)や松原客院(福井県敦賀市)を経由して都に来訪し、
鴻臚館で入朝の儀を行った後、内蔵寮と交易したといわれる

 朝廷では、日本の国威を示すために、渤海客を大いに歓待し、林邑楽を演奏したり詩文の交歓の会などを
催していたといわれる

 東鴻臚館跡は、江戸時代には、もてなしの文化の場でもある島原の地となっている

 1915年(皇紀2575)大正4年
 「此附近 東鴻臚館址」の石碑が建立される

【その他】

 <与謝蕪村の歌>
 「白梅や墨芳しき鴻臚館」

 <源氏物語
 第1帖「桐壺」には、鴻臚館滞在していた高麗の人相占いのもとへ、素性を隠した桐壺帝が、光源氏を使わして占ってもらい
「国の親となりて、帝王の上なき位にのぼるべき相おはします人の、そなたにで見れば、乱れ憂ふることやあらむ。
朝廷のかためとなりて、天の下を輔くる方に見れば、またその相違ふべし」と、准太上天皇になるとの予言を得た様子が
書かれている

 <西鴻臚館跡発掘調査>
 区画溝跡が検出される
 平城宮・難波宮・長岡宮など旧都からの搬入瓦や銭貨、土師器、須恵器、輸入陶磁器などが出土した

【鴻臚館跡へのアクセス】

 <東鴻臚館跡>
 JR山陰本線(嵯峨野線) 丹波口駅 徒歩約10分
 市バス 島原口 徒歩約10分

 <西鴻臚館跡>
 JR山陰本線(嵯峨野線) 丹波口駅 徒歩約5分


【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第6回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク