北野廃寺跡(きたのはいじあと)(KitanoHaijiAto)

所在地:京都市北区北野上白梅町   地図情報

 北野廃寺跡(きたのはいじあと)は、奈良時代から平安時代中期の京都盆地に建立された最古の寺院跡

 太秦からの台地の東端に位置していた

 広隆寺の前身だったともいわれる

 寺域は、石碑が立つ西大路今出川通北野白梅町の交差点を中心として、約100mの範囲だったと推定される

 出土した瓦の飛鳥時代軒丸瓦は、京都盆地で出土された唯一のもの
 高句麗系と百済系の2種類がある

【北野廃寺跡へのアクセス】

 京福電車 北野白梅町駅 すぐ
 市バス 北野白梅町 すぐ
 JRバス 北野 すぐ

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク