東三条殿跡(ひがしさんじょうどのあと)



所在地:京都市中京区釜座通押小路西北角上松屋町   地図情報
 東三条殿跡(ひがしさんじょうどのあと)は、平安時代に隆盛を究めた藤原氏の邸宅があった跡

 二条城から押小路通を、全日空ホテル前を西に進み、釜座通との交差点の西北角に石碑が立つ

【東三条殿の歴史・経緯】


【東三条殿】

 東三条殿(ひがしさんじょうどの)は、平安京の左京三条三坊、
 現在の二条通御池通・新町通・西洞院通に囲まれた東西約130m、南北約280mにおよぶ細長い土地に建てられた藤原氏の邸宅

 中央に寝殿がおかれ、その左右に東対・西対が連なる本院と、敷地の南側には別邸である南院があった

 摂関家の当主が居住した一つであるとともに、後院や里内裏としても用いられた

 藤原詮子が出家して、最初の女院となり、居住していた東三条殿にちなみ「東三条院」と称された

 藤原道長のときには、庭内池に竜頭船が浮べられ、
天皇の行幸が行われ、公家の遊宴が盛んに行われたといわれる

【東三条殿跡へのアクセス】

 市バス 新町御池 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク