蛇塚古墳(へびづかこふん)

所在地:京都市右京区太秦面影町   地図情報

形状:横穴式前方後円墳
墳丘長:約75m、石室の長さ:17.8m

年代:古墳時代後期

国の史跡(1977年(皇紀2637)昭和52年5月4日指定)

 蛇塚古墳(へびづかこふん)は、京都府でも最大の横穴式石室がある大きな前方後円墳

 古墳時代後期の7世紀頃に、巨石を積み上げて築造されたもの
 高度な土木技術・農業技術・機織技術を持っていた渡来人秦氏一族の首長のお墓と推定される

【蛇塚古墳】

 <築造時期>
 古墳時代後期の6世紀末から7世紀頃に築造されたといわれる
 京都府の前方後円墳としては最後の時期

 蛇塚古墳や天塚古墳など太秦地区では、前方後円墳が多く、
甲塚古墳のある嵯峨野地区では、円墳・方墳が多い

 <被葬者>
 不詳だが、高度な土木技術・農業技術・機織技術を持っていた秦氏一族の首長クラスの人物といわれる

 <墳丘>
 築造されたときには、全長約75mの西南向きの前方後円墳だった

 現在
 封土がなくなり、後円墳中央部の巨石を積み上げた石室が露出している
 石室の天井石は失われている

 <石室(国の史跡)>
 横穴式石室は、後円部東南に開口している
 石室の長さは、17.8m
 主室である玄室の長さ6.8m、幅3.8m、高さ5.2mで、床面積は25.8m2で全国第4位の大きさ
 縦横4〜5m、高さ2〜3mほどの巨石など大小30数個の石が積み重ねられている

 これらの巨石は、堆積岩で、保津川から運んだと推定される

【その他】

 <名前「蛇塚」の由来>
 石室内に蛇が棲んでいたことから名付けられたといわれる
 かつては「岩屋(いわや)」とも称されていた

 <垂箕山古墳(片平大塚古墳)>
 蛇塚古墳の北にある前方後円墳
 墳丘長約75m
 仲野親王高畠陵で宮内庁が管理している
 築造は、古墳時代後期で6世紀中頃といわれる

【アクセス】

 京福電車 帷子ノ辻駅 徒歩約5分


【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第5回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク