伏見銀座跡(ふしみぎんざあと)

所在地:京都市伏見区銀座町   地図情報

 伏見銀座跡(ふしみぎんざあと)は、江戸時代のはじめ、徳川家康によって日本で最初に銀座がおかれたところである

 「銀座(ぎんざ)」は、鋳を加工して丁銀・小玉銀などの貨幣を鋳造するところで、独占的に特権商人によって構成されていた
 この場所以外での貨幣鋳造が厳しく取り締まられた

 4町に銀座がおかれ、銀座1丁目には銀座跡を示す石碑と案内板がある

【伏見銀座の歴史・経緯】


【伏見銀座跡へのアクセス】

 京阪電車 伏見桃山 すぐ


【京都検定 第4回2級】



[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク