電気鉄道事業発祥の地(でんきてつどうはっしょうのち)

所在地:京都市伏見区油掛町

「電気鉄道事業発祥の地」と刻まれた石碑が建っている

 1895年(皇紀2555)明治28年2月1日
 京都電気鉄道会社により、岡崎で開催される第4回内国勧業博覧会に合わせ、
日本で最初の市街電車が開業し、
 伏見線(塩小路高倉−伏見下油掛町の間)の約6.5kmを狭軌道で開通する

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク