杜若(かきつばた)(Japanese iris)

分類:ユリ目・アヤメ科・アヤメ属・カキツバタ

花期:5月中旬〜下旬
花色:紫・青紫・白

 杜若(かきつばた)は、アヤメ科アヤメ属の水湿地に群生する多年草の植物


【杜若(かきつばた)】

 花期:5月中旬〜下旬
 花色:紫・青紫・白

 生育:湿地に群生している

 内花被片(内側の花びら)が、細く先がとがって直立している
 外花被片(前面に垂れ下がった花びら)の中央部に白か淡黄色の斑紋がある
 葉の中央に隆起腺がない

 <慣用句「いずれがアヤメかカキツバタ」>
 どれも素晴らしく優劣が付け難いという意味

 <アヤメ>
 花:紫か白色、網目模様、外側の花びらに黄色い模様がある
 葉:主脈は不明瞭
 場所:かわいた所
 開花時期:5月上旬〜中旬

 <花菖蒲
 花:紅紫・紫・絞・覆輪など多種、網目なし、外花被片に黄色い斑紋がある
 葉:太い主脈がある
 場所:湿った所
 開花時期:6月上旬〜下旬

 <菖蒲(しょうぶ)>
 菖蒲湯(しょうぶゆ)に使われる
 サトイモ科
 葉が花菖蒲に似ている

【杜若の和歌】

 「から衣 着つつなれにし つましあれば はるばる来ぬる 旅をしぞ思ふ」
 在原業平(伊勢物語第六段)
 杜若の名所の三河国八橋(愛知県知立市八橋)で詠んだ歌
 「か」「き」「つ」「は」「た」の5文字が、それぞれの句の先頭にある

 「かきつばた 衣(きぬ)に摺りつけ 大夫(ますらを)の着襲(きそ)ひ猟(かり)する 月は来にけり」
 大伴家持(万葉集)

 「神山(こうやま)や 大田の沢の かきつばた ふかきたのみは 色に見ゆらむ」
 藤原俊成

【杜若の名所】

 <梅宮大社
 <大田神社> 大田ノ沢のカキツバタ群集(天然記念物
 <渉成園
 <勧修寺>  氷室池にカキツバタと睡蓮が咲き競う
 <金閣寺
 <詩仙堂
 <実光院
 <城陽市 花の小径> 約5,000本と、約800本の花菖蒲が咲き誇る
 <春光院
 <等持院
 <東福寺>    普門院庭園の池、短冊石橋が見所
 <長岡天満宮> 八条が池のカキツバタ園
 <平安神宮>  蒼竜池の岸辺にカキツバタ、水面には睡蓮が咲き競う
 <深泥池
 <龍安寺


【その他】

 <誕生花>
 5月13日、7月3日

 <花言葉>
 幸運、雄弁

 <名前の由来>
 かつて、杜若の花の汁で布を染めたので「書き付け花」と称されたといわれる


【京都検定 第1回3級】

36.花の名所について、次のことは正しいかどうか?
(ウ)大田神社は、カキツバタの名所である

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第10回3級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第6回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク