萩(はぎ)(Japanese clover)

萩(はぎ)

目:マメ目(Fabales)
科:マメ科(Fabaceae)
属:ハギ属(Lespedeza)

落葉低木

分布:日本のほぼ全域

見頃:9月

秋の七草の一つ
誕生花:9月18日

別名:芽子・生芽(ハギ)

 萩(はぎ)とは、マメ科ハギ属の総称

 古くから日本人に親しまれ、「万葉集」で最もよく詠まれる花
 秋ハギと牡鹿のペアの歌が多い

【特徴】

 萩(はぎ)は、背の低い落葉低木

 茎は木質化して固くなる
 地上部分は、一部を残して枯死するため、根本から毎年新しい新しい芽が出る
 「はえぎ(生え芽)」と称される
 直立せず、先端はややしだれる

 葉の形は楕円で小葉が3つつく(3出複葉)

 花は豆のような蝶形花
 秋に枝の先端から多数の花枝を出し、赤紫の花の房をつける

 果実は5mmぐらいで、種子を1つだけ含み、楕円形で扁平

 種類は、数種ある
 日本各地の山野に見られ、一般的には山萩(やまはぎ)のこと


【名所】

 上賀茂神社 楢の小川の縁
 ・迎称寺   土塀に沿った萩の花の列
 光悦寺
 高台寺
 詩仙堂   白砂に萩
 下鴨神社
 常照寺   吉野太夫ゆかりの吉野桜 夏は紫陽花、秋には萩と紅葉の名所
 渉成園
 常照寺
 城南宮
 常林寺   萩の寺
 青蓮院   西行ゆかりの「宮城野の萩」
 真如堂
 正定院  萩の寺
 天得院
 天龍寺  百花苑に赤や白の萩が可憐に咲く
 東福寺
 梨木神社 「萩の宮」 参道両側の500株の萩 萩まつり
 南禅寺  法堂の前に咲き誇る
 二尊院   萩の花道
 平安神宮 早咲きの夏萩
 法然院  白萩の花
 三室戸寺
 龍安寺  10月末頃まで
 霊山観音 萩観賞会(萩まつり)


【その他】

 <「萩」の字>
 秋の花で、「秋」に草かんむり
 花期は、7月から10月で、見頃は9月

 <用途>
 葉を落とした枝を束ねて箒(ほうき)にされる

 枝や葉は、家畜の飼料や屋根ふきの材料にもなる

 <薬>
 根を煎じて、めまいやのぼせの薬にされる

 <秋の十五夜>
 薄(すすき)とお団子と一緒にお供えされる

 <福知山市>
 福知山市の花に指定されている

 <萩まつり
 梨木神社にて、9月第3土日曜
 細長くのびた参道に約500株の萩が紅白に咲き誇る萩の名所としても知られ「萩の宮」とも称される

 <萩観賞会(萩まつり)
 霊山観音にて、9月下旬の日曜日
 大きな白衣観音坐像の前などで、さまざまな催し行われたり、飲食や物産品の売店も出る


【京都検定 第1回3級】

36.花の名所について、次のことは正しいかどうか?
(ア)梨木神社は萩の名所である

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第7回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク