フジバカマ(藤袴)(Eupatorium japonicum)

分類:キク科ヒヨドリバナ属

分布:本州・四国・九州

秋の七草の1つ

別名:香草、蘭草、香蘭、王者香

準絶滅危惧

 フジバカマ(藤袴)は、多年生植物
 8月から10月、散房状に淡い紫紅色の小さな花を多くさんつける

 奈良時代に香料として唐から輸入されたものといわれ、万葉集などにも歌われ、日本人に親しまれてきた

【特徴】

 8月から10月、散房状に淡い紫紅色の小さな花を多くさんつける
 葉は3深裂することが多い

 花の色が藤色(ふじいろ)で、花弁の形が袴(はかま)のようなことが名前の由来

 生草のままでは無香であるが、乾燥するとその茎や葉に含有されている、クマリン配糖体が加水分解されて、
オルト・クマリン酸が生じるため、桜餅の葉のような芳香を放つ

 平安時代には、干した茎や葉を水につけて髪を洗ったという

 防虫剤、芳香剤、入浴剤などにも利用されたという

【その他】

 <秋の七草
 萩・ススキ・葛花(くず)・撫子(なでしこ)・女郎花(おみなえし)・藤袴・桔梗

 <万葉集>
 山上憶良の歌
 「秋の野に 咲きたる花を 指(おゆび)折り かき数ふれば 七種の花
 萩の花 尾花(おばな) 葛花 なでしこの花 をみなへし また藤袴 朝貌の花」

 「尾花(おばな)」とは、ススキの花穂が出ている時の呼称
 「朝貌(あさがお)」とは桔梗のこと

 <源氏物語30帖「藤袴」
 光源氏の使者として玉鬘を訪れた夕霧が、藤袴の花に託して贈った歌
 手に持っていたきれいな藤袴の花を、御簾(みす)の下から中へ入れて、それを取ろうとした玉鬘の袖を捕まえて
   「同じ野の 露にやつるる藤袴 哀れはかけよ かごとばかりも」
 玉鬘は思いがけないことに当惑し、気づかないふりをして、少しずつ身を後ろへ引いて
   「たづぬるに 遥はるけき野辺のべの露ならばうす紫やかごとならまし」

 <古今和歌集
 「なに人か きてぬぎかけし藤袴 くる秋ごとに野べをにほはす」藤原敏行

 「やどりせし 人のかたみか藤袴 わすられがたき 香ににほひつつ」紀貫之

 「ぬししらぬ 香こそにほへれ秋の野に たがぬぎかけし 藤袴ぞも」素性法師


【京都検定 第9回2級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク