伊予親王陵(いよしんのうりょう)(伊豫親王墓巨幡陵)

所在地:京都市伏見区桃山町遠山   地図情報

親王:伊予親王(桓武天皇の第3皇子)

御陵:伊予親王陵(いよしんのうりょう)(伊豫親王墓巨幡陵)

生年:不明
崩御:807年(皇紀1467)大同2年11月12日

陵形:古墳

 伊予親王陵(いよしんのうりょう)は、桃山丘陵に存在する唯一の前方後円墳の一部とされる御陵

【伊予親王陵の歴史・経緯】


【伊予親王陵】

 <黄金塚2号墳>
 古墳時代中期
 桃山丘陵に存在する唯一の前方後円墳といわれている
 推定全長120m、前方部が破壊されてしまっている
 後円部の一部が、伊豫親王墓巨幡陵に比定された

【伊予親王陵へのアクセス】

 京阪バス 東町 北西へ徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク