京都の名水(めいすい)(Good Water)



 京都盆地の地下には、琵琶湖の2/3に相当する地下水があるといわれ、
昔から名水の地で、多くの泉や井戸があった
 最近は、地下鉄などの開発で、水の出が悪くなっているといわれる

【名水百選】

 1985年(皇紀2645)昭和60年3月
 環境庁が選定した全国各地の「名水」とされる100ヶ所の湧水・河川(用水)・地下水

 <御香宮神社の「御香水」
 伏見七名水の一つで、環境庁の名水百選に指定された清泉が湧き出している
 平安時代初期、862年(皇紀1522)貞観4年9月9日に湧き出し、
 この湧水を飲むと、どんな病気をも癒すと伝えられ、清和天皇から「御香宮」の名称を賜わる

 <天橋立の磯清水>
 日本の名水百選
 周囲を海に囲まれているなか、塩分のない清水が湧き出ている
 「長寿の水」と称されている

【平成の名水百選】

 

 2008年(皇紀2668)平成20年6月
 環境省が選定した全国各地の「名水」とされる100ヶ所の湧水・河川(用水)・地下水

 <大杉の清水>
 舞鶴市の湧水

 <真名井の清水>
 舞鶴市の湧水

 <玉川>
 綴喜郡井手町の河川

【京都の三名水】

 <染井の水梨木神社
 三名水のうち唯一現存し湧き出ており、ポリ容器を持って汲みに来る信者も多く、この水を使った茶会が開かれている
 平安時代初期の清和天皇の母 染殿皇后(藤原良房の娘 明子)里御所の跡
 藤原良房の屋敷を「染殿」と称して、染井の水を用いた宮中御用の染所だったといわれる

 <県井(あがたい)>
 現存していない

 <醒井(さめがい)>
 現存していない

【京都の名水】

 <市比賣神社の「天之真名井」>
 京都の七名水の一つ
 歴代天皇の皇子や皇女ご出産のときにはこの 御神水を「産湯」に用いられており、現在も名水として茶会等に用いられる
 一願成就の御神水とされ、一つだけお願事が叶うといわれる

 <出雲大神宮の「真名井の水」>
 古来から、御神体山より絶えず湧き出ている清き御神水
 どんな病気にも効くといわれる痛み止めの水といわれる
 「天下の名水」といわれる

 <宇治上神社の「桐原水
 宇治七名水(うじしちめいすい)の一つである湧き水

 <雨宝院の「染殿の井」>
 西陣五水の一つ
 この井戸の水で染物を染めると、染まりがよいといわれている

 <大原野神社の名水「瀬和井の清水」
 和歌にも詠まれた名水
 大伴家持(おおとものやかもち)が愛飲したといわれる

 <北野天満宮の「太閤井戸」
 表参道の左手、楼門の手前にある
 豊臣秀吉が催した「北野大茶会」ゆかりの井戸

 <清水寺の「音羽の滝」>
 本堂東側の石段を下りた先には寺名の由来でもある名水が3本の筧(かけい)から流れ落ちている

 <石峰寺の「茶椀子の水」>
 門前より少し西へ行った所にある古井戸で、茶の湯に愛好されている

 <浄土院の湯たく山茶くれん寺の井戸>
 豊臣秀吉が名水があることを知り、立ち寄りお茶を頼まれたという

 <白峯神宮の「飛鳥井」>
 樹齢数百年の霊木「小賀玉」の巨木の元に湧き出る名水
 この水により、11月23日の献茶式が、煎茶道 方円流宗匠によりお茶が奉献される
 清少納言の「枕草子」にあげられている9つの名水の中で唯一現存する井戸
 9つの井戸は、飛鳥井・ほりかねの井・走り井・山の井・玉の井・少将ノ井・櫻井・后町の井・千貫の井

 <白峯神宮の「潜龍井」>
 潜龍大明神の御神体とされる井戸
 家系にまつわる諸々の悪縁を断ち、盗難災難除・病気平癒・事業隆昌のご利益があるとされる
 飛鳥井から約50m離れているが、深さが異なり、違った水脈源となり、味も温度も異なる

 <醍醐寺の「醍醐水」
 理源大師 聖宝が感得し、醍醐寺の名前の由来となったといわれる霊泉
 今も湧き出ている

 <知恩院の「紫雲水(しうんすい)」>
 勢至堂の東南隅崖下にある小池

 <児水不動明王の「児の水(ちごのみず)」>
 本覚尼が、暗殺された夫 源実朝を弔うために建立した遍照心院(大通寺)の門前にあったので「尼寺の水」とも称される
 眼病に霊験があるといわれる

 <壺井地蔵尊・壺井堂の井戸>
 西大路通にあった処刑場において、死刑囚が処刑される最後の水として用いられていたといわれる

 <錦天満宮の「錦の名水」>
 新京極の繁華街の地中より湧き出している井戸水
 水温は、年中17〜18度に保たれているといわれる

 <稗田野神社の長寿の滝>  亀岡市の名水が、神殿の中を潜り、霊験あらたかな長寿の御幸水となって滝の口から噴出している

 <法然院の「善気水」
 方丈庭園内にある洛中名水の一つ

 <本隆寺の「千代野井」>
 西陣五井の一つ
 無外如大尼(むげにょだいに)が悟りを開いたという

 <松尾大社の「亀の井」
 古くから酒の神として信仰を集めており、霊泉「亀の井の水」を醸造の時に混ぜると酒が腐らないといわれる

 <涌泉寺の「桜井水」>
 枕草子一六八段に記されている井戸

 <来迎院の「弘法大師独鈷水(どっこすい)」>
 荒神堂へ上がる石段の右側の霊泉から湧き出ている名水
 大石内蔵助が檀家となり、茶室含翠軒を建てた

 <六孫王神社の「六孫王誕生水」>
 六孫王の長男 源満仲が誕生するときに、琵琶湖の竹生島より弁財天を勧請し、
安産を祈願して産湯に使うために井戸の上に誕生水弁財天社が建てられている

伏見の名水

 酒どころで有名な伏見はかつて「伏水」と称され、良質の地下水に恵まれているところ




【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第9回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク