をけら詣(おけらまいり)

日時:12月31日19時半頃〜元旦朝5時頃

所在地:八坂神社 (京都市東山区祗園町北側)   地図情報

別称:白朮祭(おけらさい)、祇園削掛神事(ぎおんけずりかけのしんじ)

 をけら詣(おけらまいり)は、大晦日に八坂神社に参拝し、吉兆縄(火縄)にをけら火を授かり、家に持ち帰る

 そのをけら火をおくどさんの火種とし、元日のお雑煮を炊いて食べると一年間無病息災で過ごせるといわれる

【をけら詣】

 <鑚火式>
 12月28日
 寅の刻(午前4時)に、古式にのっとり神聖な火が、きり出され、神前の灯籠に点される

 <大祓式>
 12月31日15時〜
 夏越祓から半年間の罪穢れを祓う

 <除夜祭>
 12月31日19時〜

 <をけら火授与>
 12月31日19時半頃〜元旦朝5時頃
 鑚火式できり出された神火を、除夜祭の後、境内の数か所に設けられた吊り灯籠に移される
 吊り灯籠には、をけら(菊科の薬草)と、氏子から奉献されたをけら木(護摩木)と木材の削り掛けをくべて、
早朝未明まで焚き上げられる

 をけらは焚くときつい臭いがするため、その臭いで邪気を祓うといわれる

 参拝者は、吊り灯籠から、吉兆縄(火縄)に火を移し、くるくる回して火を消さぬように持ち帰って、
おくどさんの火種とし、元日のお雑煮を炊いて食べると一年間無病息災で過ごせるといわれる



【アクセス】

 市バス 祗園 徒歩すぐ
 地下鉄 東西線 東山駅 徒歩約10分
 京阪電車 四条駅 東へ徒歩約5分
 阪急電車 河原町 東へ徒歩約10分


【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第12回3級】

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク