下鴨納涼古本まつり(しもがものうりょうふるほんまつり)

下鴨納涼古本まつり(しもがものうりょうふるほんまつり)

期間:8月中旬

場所:下鴨神社糺の森京都市左京区下鴨泉川町)   地図情報

主催:京都古書研究会

 下鴨納涼古本まつり(しもがものうりょうふるほんまつり)は、毎年8月中旬に、下鴨神社糺の森で行われているイベント

 野外テントで、約40店舗の古書店が参加し、80万冊以上の古本が販売されている

 文庫・新書・学術書・美術書・仏教書など、あらゆる古書と、日本最大規模の児童書コーナもある

 森見登美彦作の小説「夜は短し歩けよ乙女」などの舞台にもなり、夏の京都の風物詩になっている

 ゴールデンウィークにみやこめっせで開催される古書大即売会、百萬遍知恩寺の秋の古本まつりとあわせて
「京の三大古本まつり」とされる




【アクセス】

 市バス 糺ノ森 あるいは 下鴨神社前 下車すぐ

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク