鯉揚げ(こいあげ)

期日:12月上旬

場所:広沢池 京都市右京区嵯峨広沢町   地図情報

 鯉揚げ(こいあげ)は、12月上旬に、広沢池の水を抜き、鯉や鮒をすくいあげる行事

 京の師走の風物詩となっている

【鯉揚げ】

 <稚魚の放流>
 春4月頃、12cmほどのコイの稚魚や、鮒の稚魚が約1万匹、放流される
 冬には、約40cm、約1.5kgぐらいまでの鯉に成長する

 <広沢池の水抜き>
 広沢池には栓があり、それを開放することで、ほとんどの水が抜ける
 複数ヶ所に区切られ、魚が集められる

 <鯉揚げ>
 鯉・鮒・もろこ・えびなどが採れる
 水が少なくなった池で、底に溜まった泥をさらい、魚が洗われ、料亭や旅館のなどから買いに来る人に直接、売り渡される
 約10日間ほどで、売り切れ次第で終了する


【京都検定 第9回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク