かにかくに祭(かにかくにさい)(Kanikakuni Sai)



日時:11月8日

場所:吉井勇の歌碑の前   (京都市東山区祗園元吉町)   地図情報
 かにかくに祭は、祗園の白川畔に立つ祗園歌人 吉井勇の歌碑の前で、
祗園の芸妓・舞妓さんらの献花や、お点前の披露が行われ、花街の行事の一つにもなっている

 1955年(皇紀2615)昭和30年11月8日
 吉井勇の古希(70歳)を祝って谷崎潤一郎らによって歌碑が立てられ、催しが行われたのが始まり

 「かにかくに祭」の名称は、
 歌碑「かにかくに祗園はこひし寝る時も 枕の下を水がながるる」による

 この歌が詠まれたお茶屋 「大友(だいとも)」は、白川に張り出して建てられており、床の下を川が流れていたといわれる
 歌碑は、その大友の跡に建てられている


【京都検定 第1回3級】

69.歌人の吉井勇を偲んで、白川南通の川沿いに建つ歌碑の前で、毎年11月8日に催される行事は何か?

 京都検定3級の道  前の問題に戻る  ・ 次の問題に進む

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第4回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク