広沢池灯籠流し(ひろさわのいけとうろうながし)

お盆の精霊送りの行事

日時:8月16日19時頃

所在地:京都市右京区嵯峨広沢町   地図情報

主催:遍照寺


 広沢池灯籠流し(ひろさわのいけとうろうながし)は、毎年8月16日、広沢池で行われる盆の精霊送りの行事

 回向(塔婆施餓鬼供養)をされた後、広沢池一面に五色の流し灯籠が水面に浮かべられる

 広沢池の西池畔からは、五山の送り火の鳥居形が流し灯籠と一緒に拝観できる

【灯籠流し】

 毎年8月16日19時頃より、広沢池で行われるお盆の精霊送りの行事

 宗派を問わず、先祖や水子など、あらゆる亡くなられた方を供養して、あの世へ精霊を見送る

 児神社にて各霊の回向(塔婆施餓鬼供養)をされた後、広沢池に五色の流し灯籠が約2000個、流される
 灯籠は、赤・青・緑・黄・白の5色があり、仏の5つの智恵を表しているといわれる

 灯籠は遍照寺の役員が船に乗せて池へ漕ぎだし、一つ一つ火をつけて風向きを見て流される

 灯籠の申込は遍照寺で行われる(当日は、広沢池の西南池畔にある児神社(ちごじんじゃ)で受付される)

 児神社では、御詠歌奉納も行われる

 20時20分頃から、広沢池の西池畔からは、五山の送り火の鳥居形が流し灯籠と一緒に拝観できる

 <広沢池
 平安時代中期に建てられた遍照寺の境内にあった庭池だった

【アクセス】

 市バス 山越 徒歩約10分
 市バス・京都バス 広沢御所ノ内町 徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク