九条ねぎ(くじょうねぎ)(Kujyou Negi)



京の伝統野菜の一つ
ブランド京野菜の一つ

種まき:10月頃
育苗:翌3月頃まで
定植:8月下旬
収穫:11月〜2月頃

主な産地:京都市南区九条
 九条ねぎは、南区九条地区の特産の青ねぎ(葉ねぎ)の一種

【九条ねぎの歴史・経緯】


【九条ねぎの特徴】

 ネギ属の葉ねぎ
 葉肉が薄くて軟らかく、耐寒性、耐暑性がある
 葉の内側にねばりが多く、甘味があり、香りもよい

 11月〜2月頃が、寒さで、特有のぬめりと甘味が増す

 2系統の品種がある
 色の濃い太めの品種(太ねぎ・黒種)
 浅黄色でやや細めで株分かれしやすい品種(細ねぎ・浅黄種)

 太ねぎは、直径2p、長さ80p以上
 細ねぎは、株元が数本に分かれ、長さ80p以上

【九条ねぎの用途】

 太ねぎは、すき焼きや鍋物

 細ねぎは、うどんやそば、お味噌汁の薬味

 カルシウムやリン、鉄分、ビタミンA(カロチン)、ビタミンB1、B2、Cなどを含み栄養価に優れている

 ビタミンA(カロチン)は、緑の葉の部分にしか含まれていない

 アリシン、硫化アリル、イオウを含み薬味として用いられる
 アリシンは、揮発性の成分で、ニンニクや玉ねぎにも含まれ、ねぎ独特の刺激臭を持つ
 血行を良くし、体を温め、肩こりや疲労の蓄積を防ぎ、神経を鎮め、体調を整える
 ビタミンB1の吸収を促進し、疲労回復や風邪にも効果がある
 熱に弱く、長く煮込むと効力は減り、甘み成分に変化する
 水に溶ける性質があり、水にさらす場合も短時間にする

 硫化アリルは、局所刺激作用や制菌、発汗、緩下、駆虫などの効果がある
 乳酸を分解する効果があり、ビタミンB1の吸収を促進する
 風邪、下痢止めなどにも用いられてきた

 イオウは、鎮静効果があり不眠に効果がある

 原産地の中国では、紀元前から栽培され、
 体をあたため、疲労を回復する薬用植物として用いられてきた

【その他】

 <毎月21日>
 弘法大師 空海が、大きなヘビに追いかけられたとき、葱畑に隠れて難を逃れたという故事があり、
東寺近くの農家の人々は、縁日にあたる21日の弘法さんの日は葱畑には入らない
 その日に葱を食べると一家に不幸が起こるといわれる


【京都検定 第5回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク