伏見とうがらし(ふしみとうがらし)(Fushimi Tougarashi)

京の伝統野菜の一つ
ブランド京野菜の一つ

種まき:1月下旬〜2月中旬
定植:4月下旬〜5月上旬
収穫:6月上旬〜10月下旬

主な産地:京都市、宇治市、山城町など京都府内全般

別名:青と、伏見甘長、ひもとう、青とう

 伏見とうがらしは、京の伝統野菜ブランド京野菜の一つ

【伏見とうがらしの特徴】

 とうがらし類の中で、最も細長い品種
 長さ:10〜20cm
 先端が尖っている
 柔らか
 辛味はない
 独特の風味と甘みのある

【伏見とうがらしの用途】

 焼たん、煮たん、妙たん、天ぷらなどに用いられる
 若い葉や茎は、佃煮にして食べられる

 食物繊維、カルシウム、ビタミンCなどが豊富

 食欲を増進させる、夏バテ解消野菜

【その他】

 <書籍>
 江戸時代
 「毛吹草」「雍州府志」には、「山城の稲荷付近で作られていた」旨の記録がある


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第11回3級】

【京都検定 第14回3級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第7回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク