出水の七不思議(ななふしぎ)(Seven Wonders of Demizu)

所在地:出水通京都市上京区七番町付近)   地図情報
 出水通(でみずどおり)は、上京区の七本松通から西へ、烏丸通まで約1.6kmの東西の短い通り

 かつて北側に五番町遊郭があった七本松通から西の千本通までは、小さな寺院が密集しており、
「出水の七不思議」といわれる故事が残る

 現存するのは5つといわれる


【出水の七不思議】

 <浮かれ猫(光清院)>
 弁財天社に掲げられ、現在は、色あせて、木目が浮き上がり絵の輪郭も消えかけている絵馬

 <日限薬師(ひぎりやくし)(地福寺)>
 本尊の薬師如来

 <五色椿(華光寺)>
 五種類の花が咲く椿

 <時雨松(華光寺)>
 豊臣秀吉の手植えの松

 <百叩きの門(観音寺)>
 伏見城の牢獄門を移築したもの

 <寝釈迦(五劫院)>
 境内にある小袖門の木目

 <二つ潜り戸(極楽寺)>
 山門の潜り戸

 <金谷水(きんこくすい)(極楽寺)>
 豊臣秀吉が、北野茶会でも用いたといわれる水

 <本堂(善福寺)>
 山門のする脇に本堂が建てられている

 <応挙の幽霊(玉蔵院)>
 肺を患った旅籠の娘

 <左近の桜(福勝寺)>
 後西天皇から賜ったもの

【出水へのアクセス】

 市バス 千本出水 徒歩約数分
 地下鉄 東西線 二条駅 北へ徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク