水引(みずひき)

慶事・弔事などにおける贈り物の飾りひも

色:金銀・赤金・赤白・黄白

 水引(みずひき)は、慶事・弔事などにおける贈り物の飾りひも
  (神前・仏前・御輿(みこし)・山鉾などを飾る幕のことも「水引」と称する)

 古代からの風習として、「結ぶこと」は「魂」「心」を入れることを示す
 水引で結ばれた贈り物は、特別に心のこもったものとして扱われてきた

 水引は、慶事・弔事などの用途に応じて、左右の色を選んで用いられる
   結納・結婚祝儀などの婚礼儀式時には「金銀」
   日常的なお見舞い・お祝い用には「赤白」や「赤金」
   仏弔事には「黄白」

 京都では、弔事や仏事において黒白の水引は用いられない

 結納飾・水引工芸は、京都市の伝統産業の一つでもある

【水引の歴史・経緯】


【水引色の種類】

 <紅白>
 古来より、喜び事に用いる最も格式の高いもの
 現在では、皇室においてのみ用いられる

 <金銀>
 一般には、一番格式の高いもの
 結納・結婚祝儀などの婚礼儀式に用いられる

 <赤白>
 日常的なお見舞い・お祝いに用いられる

 <赤金>
 赤白と同格
 「陽」の気を表すものとして、お見舞い・お祝い・神事用などに用いられる

 <黄白
 仏弔事に用いられる
 黄白は不幸の意味ではなく、精進潔斎を表す

 <黒白>
 地方における葬儀などに用いられる(京都では用いられない)

 <青白>
 かつて仏弔事に用いられていた

【水引型の種類】

 <相生結び>
 左右の輪が互いに結びあっている
 「のしあわび」の形をしていることから、「鮑結び」とも称される

 相生の意味をこめて、慶事・弔事に関わらずに用いられる

 <蝶結び>
 結びが簡単に解け、何度も結び直せることから、何度も繰り返して欲しい一般祝事や、お礼・ご挨拶記念・行事などの
ご贈答に用いられる
 京都では、略式とされてあまり用いられない

 <結び切り>
 結びが簡単に解けないことから、二度と繰り返すことのないようにと全快祝いや、固く結ばれることを祈って婚礼関係に用いられる
 京都では、相生結び(鮑結び)が代わって用いられる

【その他】

 <京都では、弔事や仏事において黒白の水引は用いられない>
 生死をはっきりさせる武家文化から用いられている「黒白」は、余りにも悲しみが強烈で深く感じられることから
お相手の悲しみを思いやる気遣いから用いられない

 皇室で用いられる「紅白」の「紅」は、濃い緑系の玉虫色をしており「黒」に見えるため、
「黒白」は、皇室で用いられる「紅白」と見間違うこともありえるので用いられない

 仏教では、死後の世界を黄泉の国(よみのくに)と称するように、黄色と死は関係が深い色とされ、
「黄白」が用いられるようになったといわれる

 <元結(もとゆい)>
 元結は、和紙を2cm巾のテープ状に切って縒り(より)を掛けてこより状にし、縒が戻らないように水糊を引いて
固めた紙紐(かみひも)のこと

 紙のこよりを水糊を引いて固めたことから「水引」と称されるようになる


【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第10回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク