牛若丸と弁慶(うしわかまるとべんけい)(Ushiwakamaru and Benkei)

所在地:京都市下京区五条大橋   地図情報

 牛若丸(うしわかまる)と弁慶(べんけい)の対決をうたった童話がある

 「京の五条の橋の上、大の男の弁慶が、長い長刀振りかざし、牛若めがけて、切リかかる・・・」

 現在、五条大橋の西詰めに、牛若丸と弁慶が闘う像が置かれている

【牛若丸と弁慶】

 大きな男 武蔵坊弁慶は、太刀千本を奪い取ろうと夜ごとに街を駆けめぐり999本の太刀を手に入れた
 最後の1本を奪い取るために五条の大橋で待ちかまえる

 そこへ通りかかったのは法師姿の牛若丸(源義経

 五条の大橋の上での一騎打ちとなるが、弁慶は、欄干を飛び渡り、身のこなしが軽い牛若丸に翻弄され、太刀も奪えず負けてしまう

 翌日、弁慶は、清水寺に参拝し、
 そこで牛若丸を待ち伏せして、清水の舞台において、再び勝負するが、またしても負けてしまい、牛若丸に仕える誓いをしたといわれる

五条大橋

 室町時代に書かれた「義経記」によると
 牛若丸と弁慶の出会いは、五条大橋ではく、五条天神宮の境内であると記されている
 かつて、五条天神宮の境内に西洞院川が流れており、この西洞院川に架かっていた橋で出会ったともいわれる

 また、当時の五条の大橋は、現在の松原橋にあたる

 江戸時代初期の頃
 五条大路は、松並木が続く道だったことから「五条松原通」と称されるようになり、いつしか「五条」が省略されて
松原通」と称されるようになったといわれる

 なくなってしまった「五条」の名前を復興させようと、「五条橋通」と称されていた六条坊門小路を「五条通」と改めたといわれる
 そのため、ほぼ等間隔の二条通三条通四条通から、五条通との間隔は少し広くなり、六条通側に寄っているといわれる

 <牛若ひろば
 五条大橋西橋詰に公園がある


祇園祭の山鉾

 <橋弁慶山
 京都市中京区蛸薬師通烏丸西入ル橋弁慶町
 後祭のくじ取らずで唯一のかき山
 五条大橋の上で、牛若丸が、ぎぼしの上に飛び上がり、弁慶が、長刀を構えて戦っている様子を表す

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク