道真の登天石(みちざねのとうてんせき)

所在地:水火天満宮京都市上京区堀川通上御霊前上ル扇町)   地図情報

関連人物:菅原道真

 道真の登天石(みちざねのとうてんせき)は、水火天満宮の境内に置かれている霊石

【登天石の故事

 平安時代中期
 菅原道真の無念の死後、京都は天変地異が相次ぎ、その原因が菅原道真の怨霊とされた

 醍醐天皇は、菅原道真が師と仰いでいた延暦寺の法性坊尊意僧正を召して祈祷させようとする

 雷雨の中、尊意僧正が、御所に向かう途中、
 鴨川が氾濫しており、天に向かい神剣をかざし、川に向かって祈ると、
急に鴨川の水位が下がり、二つに分かれた水流の間から石が現れ、
その石の上に菅原道真の神霊が現れると、たちまち雷雨が止み、菅原道真が天に登っていったといわれる

 その菅原道真の神霊が降り、再び天に登っていった石を「登天石」と称される

【ゆかりの地】

 <水火天満宮
 最初の水火天満宮
 法正坊尊意僧正の屋敷跡といわれる
 923年(皇紀1583)延長元年
 醍醐天皇の勅命により、水の難・火の難を退けるために菅原道真を祀ったのが由来

【道真の登天石へのアクセス】

 市バス 天神公園前 すぐ


【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第12回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク