弁慶石(べんけいいし)(BenkeiIshi)

弁慶石(べんけいいし)

所在地:京都市中京区三条通麩屋町東入ル弁慶石町   地図情報

 弁慶石(べんけいいし)は、三条通麩屋町の歩道脇にある石

 武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)が、五条大橋から三条京極まで(約2.5km)投げたといわれる石

 「男の子が触ると力持ちになれる」「火魔・病魔からのがれられる」といわれている

【弁慶石の故事

 平安時代末期
 武蔵坊弁慶が少年時代に住んだ三条京極にあり、弁慶がとても気に入っていた石といわれる

 1189年(皇紀1849)文治5年4月30日
 弁慶は、源義経を守護するために一緒に奥州へ逃げ、高館で立ち往生し最期を遂げる

 弁慶のために、この石が奥州高館へ移される

 室町時代
 ある日、この石が、「三条京極に往かん」と唸って騒ぎ出したといわれる
 その頃、高館地方に熱病が流行し、弁慶の祟りと騒がれる

 1454年(皇紀2114)享徳3年
 奥州高館から三条京極へ戻され、その町を「弁慶石町」と称した

 1929年(皇紀2589)昭和4年
 現在の地に安置される

 1934年(皇紀2594)昭和9年
 ある銀行が土地を買い取り、石を移動させて、比叡山の僧侶に祈祷してもらうが、
直後に、大雨の嵐がきて(室戸台風)、京都の町に大きな被害を与えたとされる

【アクセス】

 市バス 河原町三条 徒歩約5分
 市バス 市役所前 徒歩約5分


【京都検定 第15回2級】

【京都検定 第5回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク